2017年「京都・紅葉シーズン」地元民の予測は10月下旬が見頃か

2014年から観察している「京都紅葉」ですが、昨年は遅かった紅葉が、今年(2017年)はずいぶんと早くなると予測しています。昨年と今年の比較などをしてみると、2016年は11月1日から紅葉が進みましたが、2017年は10月初旬から紅葉づいている場所もあります。

2017年10月8日時点では、もちろん「まだまだ紅葉には早い」のですが、例年よりも紅葉シーズンが早くなる可能性もあるかもしれません。

広告

2017年 京都の紅葉 予測「例年より早い紅葉」


2017年10月8日、京都・仁和寺は少し紅葉づいています

2017年10月8日、京都・仁和寺は少し紅葉づいています

京都は10月に入ると少しずつ観光客が増えていきます。

9月は閑散期ですが、10月は中国・韓国の連休を利用した観光客が増加し、修学旅行など(価格面で)が多くなってくる時期です。

まだまだ「紅葉には早い時期」のはずなのですが、ほのかに紅葉する木々もチラホラと見えてきて「昨年より紅葉がだいぶ早く、例年よりも早いかも?」という雰囲気があります。

上の写真の「仁和寺(西門)前の紅葉」は、京都市内でも早く色づく紅葉です。

京都・仁和寺 2016年11月15日撮影

京都・仁和寺 2016年11月15日撮影

昨年は11月15日のちょうど紅葉シーズンまっただなかの時期に、この枝は落葉しかけていました(上の写真)。

その枝が今年は2017年10月8日には色づいています。

今年はまだ暖かい雰囲気ではあるのですが、少しずつ紅葉が見られるようになっています。

もちろん、木によって早い遅いがあり、今は早いものが紅葉づいているのですが、それでも早いかなという印象です。

2017年の紅葉が早いと感じる理由


今年、2017年10月9日撮影 京都・源光庵

今年、2017年10月9日撮影 京都・源光庵

今年の紅葉が早いと感じる理由は、2017年10月8日に京都・源光庵の紅葉具合を見に行ったところ、昨年の10月末の雰囲気であったからです。(上の写真は再度翌日撮影)

この場所の紅葉が真っ赤になる頃が京都の紅葉シーズンで、この時期にうっすらと紅く色づいてきているのがわかります。

2017年10月9日「京都・源光庵」門前の紅葉状況

2017年10月9日「京都・源光庵」門前の紅葉状況

門前の紅葉は一般的な紅葉よりも早いのですが、これもずいぶんと早い紅葉になっています。

こういう点から、2017年の京都・紅葉は昨年よりも早く、例年よりも早いと言えそうです。

昨年(2016年)の京都は例年より紅葉が遅く11月1日から紅葉づいた年


昨年、2016年10月30日撮影 京都・源光庵

昨年、2016年10月30日撮影 京都・源光庵

参考までに、昨年(2016年)の京都は例年より紅葉が遅く、11月1日から真冬の寒さとなり紅葉が進み始めました。

さらに、11月22日の大雨で散ったという「紅葉不況の年」でした。

11月1日に真冬の寒さとなり一気に紅葉が進んだ
11月12日から紅葉シーズン
11月22日の雨で紅葉が多く散る

2017年 京都の紅葉 まとめ


2017年10月8日、京都・嵐山は少し紅葉が見えます

2017年10月8日、京都・嵐山は少し紅葉が見えます

今年(2017年)の京都の紅葉シーズンは、10月第二週の時点で暖かい日が多いのですが、10月初旬から紅葉が少し見られており、例年より早い可能性があります。

昨年(2016年)の京都・嵐山では11月第2週頃(11月12日~19日)に紅葉の見頃を迎えていたことを考えると、今年(2017年)は、少し早いと感じます。

10月初旬 早い所では少し紅葉づいている
10月下旬 紅葉シーズン開始か?(2016年は11月12日)
11月第1週 見頃か?
11月第2週 見頃か?
11月第3週 紅葉終盤
11月第4週 紅葉終わり(2016年は12月第1週)

大手の観光ブログやサイトでは、9月頃から「京都は12月上旬が紅葉のピーク」という予測を書いていますが、そんな早い時期に紅葉の状態なんて予測できないはずなのですが、検索するとそんなページばかりがヒットします。

この記事は、実際に京都に住んで毎日のように京都を見て、毎年のデータを考察したうえで予測を書いています。

あくまでも予測で、今後の温度変化によって変化すると思いますし、気温が下がり晴れる日が多いと一気に紅葉が進む可能性もあるかもしれません。

京都紅葉案内」で京都の紅葉状況を追いかけていますので、今年もそこに京都の紅葉状況を観察して書いていきます。ぜひご覧ください。


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。