妙満寺 @京都・岩倉 秋の紅葉 2016年11月16日

京都市の岩倉は住宅街なのですが比叡山の麓にある町で、ここには大きな寺社などもあります。そのひとつが「妙満寺」で安珍・清姫伝説に出てくる鐘もある紅葉スポットです。人が少ないのでゆっくり見ることができる紅葉スポットです。

自家用車で行くしかないのですが無料の大きい駐車場があります。

妙満寺 @京都・岩倉 秋の紅葉


妙満寺は隠れた紅葉スポットで比叡山の紅葉を眺めることもできます

妙満寺は隠れた紅葉スポットで比叡山の紅葉を眺めることもできます

2016年11月16日に京都市左京区岩倉まで京都の紅葉状況を確認してきました。

行ったのは「妙満寺」というお寺です。

岩倉はガイドブックなどには掲載されないエリアでロード店と住宅街があるだけという京都市内のミニ・ベッドタウンみたいな町です。

京都の妙満寺はあまり知られていませんが紅葉がキレイな場所です

京都の妙満寺はあまり知られていませんが紅葉がキレイな場所です

・門前とお庭の周囲で紅葉が見られる
・広い駐車場がある
・人があまり来ない
・知っている人は知っている紅葉の名所
・寺内を歩くだけなら無料
・お庭もあり拝観料は500円

立派な門があり池や紅葉がきれいです

立派な門があり池や紅葉がきれいです

京都・岩倉には比較的大きな寺社があり、こちらの「妙満寺」も立派な門前があります。

周囲には池もあるので、ここは撮影スポットにもなっていたりします。

当日も散歩がてらカメラを持って歩く地元の方々が参拝に来ていました。

お寺の中 左に見えるのが仏舎利塔

お寺の中 左に見えるのが仏舎利塔

この場所に来たのは昭和43年ですが、慶応元年(1389年)に京都市内の室町に創建されたお寺さんです。

当時は野蛮な時代ですが、応仁の乱などがあった時代には比叡山の僧侶に襲撃されるなどして一時的には大阪の堺にありました。

豊臣秀吉が天下統一した時代から昭和43年までの400年間は京都・寺町二条に戻ってきていましたが、京都の町が発展してくると、この静かな岩倉の町に移転しています。

左に見えるのは「仏舎利塔」です。

・仏舎利塔
・安珍・清姫伝説に出てくる鐘
・枯山水の庭園(有料)

安珍・清姫伝説に出てくる鐘が残っています(写真の鐘ではありませんが本堂に安置されています)

安珍・清姫伝説に出てくる鐘が残っています(写真の鐘ではありませんが本堂に安置されています)

安珍・清姫伝説は昔の超有名な愛憎劇ですが、その鐘が今でもここにあります。

もともとは紀州(和歌山県)の話ですが、清姫の怨念が乗り移っているとされる実際の鐘は消失しています。

その鐘を伝説の400年後の1359年に再興したものがこの鐘なのですが、清姫の怨念のためかよくないことが立て続けに起こって鐘は山中に捨てられてしまいます。

その鐘をさらに200年後に豊臣秀吉が紀州攻めした際に発見し、これを京都に持ち帰ったのです。

それがこの鐘です。

境内だけでも紅葉を十分に楽しめますが枯山水のお庭もオススメです

境内だけでも紅葉を十分に楽しめますが枯山水のお庭もオススメです

広い駐車場もありますので自家用車でも行けます(無料)

広い駐車場もありますので自家用車でも行けます(無料)

京都府京都市左京区岩倉幡枝町91
拝観料:500円(境内は無料)
拝観時間:6時~17時(本堂は16時まで)
URL:http://www.kyoto.zaq.ne.jp/myomanji/


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。