2018年11月2日 京都・嵐山の紅葉状況とピーク予測

京都・嵐山の紅葉を2018年11月2日に見に行って来ました。2016年も2017年も紅葉は良くなかったのですが、2018年も9月の大型台風による倒木や落葉で紅葉具合は悪くなっています。ここ3年間の中で、今年の紅葉の進捗具合は例年より遅い感じもします。

結論としては、2018年は「11月10日~12月2日」が紅葉シーズンとなりそうです。

広告

京都・嵐山の紅葉状況(2018年11月2日)


嵐山の紅葉状況(2018年11月2日)

嵐山の紅葉状況(2018年11月2日)

2018年11月2日に京都・嵐山の紅葉状況を見に行って来ました。

市内は色づき始めているところもありますが、嵐山も紅葉がほんのり色づき始めた感があります。

2016年も2017年も11月初旬に紅葉が加速したのですが、2018年は少しゆっくりめの紅葉です。

紅葉ピーク時には嵐山(山の名前)の中央部分が真っ赤になります

紅葉ピーク時には嵐山(山の名前)の中央部分が真っ赤になります

嵐山(ここでは山の名前)の紅葉ピークは、山の中央部分が真っ赤になる紅葉です。

最初の写真を見てもらえればわかりますが、11月2日時点ではまだまだ紅葉と呼べる感じではありません

天龍寺の紅葉看板にも「色づき始め」の文字が書かれており、ピークにはまだ時間がかかりそうです。

参考までに、2016年と2017年の同じ日(11月24日)に撮影した紅葉写真を掲載します。

どちらも、ちょうどピークが過ぎた頃の写真です。

2017年11月24日の嵐山紅葉写真


参考写真:嵐山の紅葉、これでピーク過ぎて終わりかけくらい(2017年11月24日)

参考写真:嵐山の紅葉、これでピーク過ぎて終わりかけくらい(2017年11月24日)

2017年11月24日の嵐山の紅葉写真です。

これでピーク過ぎて終わりかけくらいですが、十分見られる状況です。

2016年11月24日の嵐山紅葉写真


参考写真:嵐山の紅葉、これでピークの半分くらい(2016年11月24日)

参考写真:嵐山の紅葉、これでピークの半分くらい(2016年11月24日)

2016年11月24日の嵐山の紅葉写真です。

ピークの半分くらいの落葉で、2016年は紅葉が終わるのが早い年でした。

2018年 京都の紅葉スケジュールは例年通りと予測


紅葉ピークの嵐山

紅葉ピークの嵐山

スケジュール感としては、2018年の紅葉シーズンは「11月10日~12月2日」という設定になるはずです。

2016年は台風で紅葉シーズン前に終わったという年でした。

2017年は10月初旬から色づき始めるも進捗遅く、11月1日に紅葉加速しました。

今年(2018年)は9月の台風で落ち葉と倒木が多く、色づき悪いながらも例年通り(11月中旬~12月初旬)の紅葉スケジュールになりそうです。

京都の紅葉 2016年~2018年の傾向


京都でも紅葉が早い鷹峯・源光庵の山門横にある紅葉(2018年10月17日撮影)

京都でも紅葉が早い鷹峯・源光庵の山門横にある紅葉(2018年10月17日撮影)

上記の予測の根拠は、2016年~2017年の傾向を見ながら、2018年の紅葉観測を基に予測したものです。

上の写真は京都市内でもかなり早く紅葉する鷹峯・源光庵の山門横です。

今年は9月の台風で落葉激しく、葉が少なくて色も悪い状況でした。

以下に、2016年~2018年の紅葉具合を書いておきましたので参考にしてください。

2016年
・10月下旬に色づき
・11月1日に紅葉加速
・12日シーズン開始
・17日紅葉ピーク
・22日雨で落葉
・24日終わりかけ

2017年
・10月初旬に色づくも遅々として紅葉進まず
・10月下旬に街なかでは見頃も大雨が2週間続く
・11月初旬に紅葉加速
・10日シーズン開始
・23日紅葉ピーク
・24日で終盤

2018年
・9月4日の大型台風21号で落ち葉・倒木が多数
・10月下旬に色づきも葉が少なく色が悪い
・11月初旬まだ色づき悪い

・2017年は10月31日には鴨川や市内の紅葉が見頃スタートだった(該当記事
・京都の紅葉は例年「11月中旬~12月初旬」であることが多い
・2018年は「11月10日~12月2日」となりそう


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。