レストラン西賀茂 @京都「市街地の果てでカキフライ定食」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都市北区の「レストラン西賀茂」さんでカキフライ定食を食べてきました。町の定食屋さんという感じのお店ですが、メインは洋食で、中華そばがなぜかあります。中華そばは500円だし、定食も700円~900円程度なのでリーズナブルなお店です。

ということで「レストラン西賀茂」さんの実食レビューです。

広告

レストラン西賀茂 @京都市街地の果てにある洋食・中華レストラン


京都市街地でもかなり北にある「レストラン西賀茂」さん

京都市街地でもかなり北にある「レストラン西賀茂」さん

今回の「京都案内」は、京都市北区の西賀茂にある「レストラン西賀茂」さんへ行って来たので実食レビューします。

京都もここまで来ると、もう山が目の前で、鴨川をさらに北上すると飲食店を探すことすら難しくなってくるエリアです。

京都市バスも、目の前にある「西賀茂車庫」で終着となります。

そんな場所にあるのが「レストラン西賀茂」さんですが、こちらでは洋食定食や中華料理を提供されています。

レストラン西賀茂 店内とメニュー


レストラン西賀茂 店内

レストラン西賀茂 店内

レストラン西賀茂さんはレストランとはなっていますが、京都によくある大衆食堂(麺類一式)に近い雰囲気のお店です。

座敷とテーブルがあり、ウドンこそメニューにはありませんが、各種定食にラーメンなどの中華料理がありました。

洋食定食のメニュー

洋食定食のメニュー

洋食は700円から、肉料理やフライがメインです。

カキフライ・エビフライといったメニューもあり、今回は「カキフライ定食 800円」を食べてみることにしました。

基本的に価格はリーズナブルなようです。

中華料理や飲み物のメニュー

中華料理や飲み物のメニュー

中華ランチというのもありますが「中華そば 500円」に「チャンポンそば 600円」といった麺類も少しありました。

京都の大衆食堂に近い印象があります。

カキフライ定食 実食レビュー


カキフライ定食 800円

カキフライ定食 800円

今回は「カキフライ定食 800円」を発注しました。

カキフライは結構大きな粒のものが使われており、価格的には良心的な定食になっています。

添え物には「サラダパスタ漬物みそ汁ごはん」がついており、カキフライは自家製のタルタルソースで食べるようになっていました。

大きめのカキフライでした

大きめのカキフライでした

牡蠣はそんなに風味があるものではないので、タルタルソースのかなり酸っぱめな味わいが印象づく味でした。

とりあえずは、卓上のソースをかけていただくことにします。

ご飯はちょうど良い分量で、お味噌汁は糠の味が出ているものが使われていました。

なんとなく、ところどころで今まであまり味わったことのない独特の味付けがしましたが、メニューが多くて価格もお手軽なレストランという印象でした。

レストラン西賀茂 基本情報


レストラン西賀茂 外観

レストラン西賀茂 外観

レストラン西賀茂さんの場所ですが、船岡東通の果てにあるので自家用車などで行くことになります。

お店の前が駐車場になっているので問題はありません。

もしくは、京都市バスで「西賀茂車庫」で下車すれば徒歩1分ほどです。

遠いですが、リーズナブルな価格帯なので、近くまで来て飲食店に困ったら行ってみると良いかもしれません。

西賀茂のこのエリアは、飲食店は少ないのと、あと価格がリーズナブルなチェーン店があまりありません(御園橋まで行けばありますが駐車場がありません)。

西賀茂でリーズナブルな飲食店を探すと行き着くお店です。

京都府京都市北区西賀茂水垣町6
営業時間:11時~14:30、17時~21時
定休日:火曜日


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。