甘太くん(かんたくん)2017年初出荷 !大分の激甘トロトロ焼き芋 実食レビュー

激甘サツマイモ「甘太くん(かんたくん)」の焼き芋が2017年11月25日に出荷されていました。「甘太くん」は安納いもよりも甘い「蜜いも」のブランドで大分の「紅はるか」を40日以上熟成させた新蜜芋のことです。なんと、糖度は40度。もはや砂糖です。

この「甘太くん」の2017年初出荷で入手したので最速の実食レビューをします。

最新情報:2017年12月時点で1本120円で販売されています。それでもお安いですが、なんと!「お墨付き!」のこのページもしくは「八百屋よしむらFacebookページ」をスマホなどでお店に見せると1本100円に割引サービスしてもらえます。ぜひ、ご利用ください。

広告

2017年初出荷!大分の激甘トロトロ焼き芋「甘太くん」


大分の激甘トロトロ焼き芋「甘太くん」

大分の激甘トロトロ焼き芋「甘太くん」

大分県が誇る激甘さつまいも甘太くん」が2017年11月25日にやっと入手できたので実食レビューします。

甘太くん」は、焼き芋にすることで中身がシットリとトロトロとした蜜芋で食べることができるサツマイモのブランドのことです。

・大分県の紅はるか(品種)を40日以上も貯蔵して熟成させたサツマイモのこと。
・シットリとした蜜芋
・蜜が多いためやわらかくトロトロした食感
・あの安納いもよりも甘い
京都の八百屋さんで入手しました

京都の八百屋さんで入手しました

この「甘太くん」ですが、入荷はだいたい11月なのですが、今年は遅れていて12月直前の11月25日に入荷されているのを確認しました。

通販でも「12月から扱い開始」となっており、2017年の「甘太くん」としては、ほぼ最速レビューになります。

入手は京都・仁和寺近くの「八百屋よしむら」さんで、現在入荷している分は「小ぶり」なので「試し焼き価格 1本100円」で販売されていました。

最新情報:2017年12月時点で1本120円で販売されています。それでもお安いですが、なんと!「お墨付き!」のこのページもしくは「八百屋よしむらFacebookページ」をスマホなどでお店に見せると1本100円に割引サービスしてもらえます。ぜひ、ご利用ください。

甘太くん(2017年)実食レビュー


完全な蜜いも状態の「甘太くん」

完全な蜜いも状態の「甘太くん」

ということで、甘太くん(2017年)実食レビューです。

この「甘太くん」はトロトロとした(しっとりタイプ)で、ふわふわとしたクリームのような食感の焼き芋です。

蜜いもなので甘みも濃厚で、味わいもカンロ飴を舐めているかのような深みのある甘さとなっていました。

甘太くん、ほぼ蜜の味です

甘太くん、ほぼ蜜の味です

まだ「小ぶり」のサイズだったので、一気に5本を完食

あまりの甘さにコーヒーが欲しくなるほどでした。

では、この「甘太くん」は京都のどこで買えるのでしょうか。

八百屋よしむら 基本情報(京都市右京区)


京野菜・地野菜の専門店「八百屋よしむら」

京野菜・地野菜の専門店「八百屋よしむら」

今回、甘太くんを焼き芋で販売していたのは地元は京都の「八百屋よしむら」さんです。

仁和寺の近くにある京野菜のプロショップですが、大分にも関係があるオーナーなので「甘太くん」を毎年販売しています。

2017年11月25日入荷分は小さい芋なので「お試し価格 1本100円」でした。(値段は後日変わります)

毎年、この販売を近隣住民は待っていて、当日も販売開始直後なのに多くの方が買いに来られていました。

おいしい焼き芋を食べたいなら口コミの焼き芋屋さんへ行きましょう

おいしい焼き芋を食べたいなら口コミの焼き芋屋さんへ行きましょう

蜜芋の場合、焼き芋を電子レンジで作るのは大間違いです。

ネット情報を鵜呑みして電子レンジで調理すると水分が飛んでしまうので、まったく美味しくはなりません。

美味しい焼き芋が食べたいなら、必ず「専門店」で購入してください。

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

仁和寺 東角の道を真南に行くとあります

さて「御室 よしむら」さんの場所ですが、仁和寺の東角の道を真南に行くとあります。

途中で踏み切りがありますので、それを渡ってすぐです。

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~19時(月曜、水曜、金曜)※その他の曜日は10時~営業
定休日:日祝
公式サイト:八百屋よしむら(みやびのふる里)
Twitter:https://twitter.com/miyabinofurusat
Facebook:https://www.facebook.com/miyabinofurusato/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。