まんが定食げんざえもん 閉店@京都・一乗寺が30年の歴史に幕

京都の定食食堂で、一乗寺ラーメンストリートにある「まんが定食げんざえもん」さんが2017年12月22日に閉店することになりました。一乗寺で30年続いた定食屋さんでしたが「まんが定食げんざえもん」は閉店して、2018年に持ち帰り専門「茂ちゃんの うまいもんや」となるそうです。

残念ではありますが、お店の女将さんにお話しを聞いてきました。

広告

まんが定食げんざえもん(京都・一乗寺)が閉店


まんが定食げんざえもん(京都・一乗寺)が閉店

まんが定食げんざえもん(京都・一乗寺)が閉店

京都・一乗寺にある有名な定食屋「まんが定食げんざえもん」さんが、2017年12月22日をもって閉店すると告知されています。

一乗寺といえば、京都でもラーメン店が密集するエリアですが、そこでラーメンではない定食を提供するお店として、何度かテレビでも紹介されていたようなお店です。

閉店後は、しばらくの後に山科のご自宅で持ち帰り専門店「茂ちゃんの うまいもんや」として再オープンするとも告知されています。(2018年2月~3月頃)

漫画が8000冊あって自由に読めます

漫画が8000冊あって自由に読めます

そのため、タレの通販は新店舗オープンまでは休止になるとされています。

女将さんに閉店理由を確認したところ「お店も広くて体力的に」ということです。

・30年続いた食堂「まんが定食げんざえもん」が閉店
・2017年12月22日まで営業
・開業は1988年(昭和63年)10月15日
・2018年2月~3月に持ち帰り専門店「茂ちゃんの うまいもんや(山科)」として再出発
・タレ通販は新店舗オープンまで休止
・閉店理由は「お店も広く体力的なことが理由」とのことでした
・出典:Facebook告知より

まんが定食げんざえもんは一乗寺に2店舗ある


高野口から近い北大路通にある同名のお店

高野口から近い北大路通にある同名のお店

実は「まんが定食げんざえもん」さんは、一乗寺に2店舗あります。

ひとつは「ラーメンストリート」の真ん中の大きな店舗で、もうひとつは徒歩10分くらいのところにある「北大路通」にある店舗です。

閉店するのは「ラーメンストリート」の方で「まんが定食げんざえもん」として知られている店舗の方です。

まったく同じコンセプトで同名のお店ですが、両者の関係はまったくなし

まったく同じコンセプトで同名のお店ですが、両者の関係はまったくなし

・まんが定食げんざえもん(ラーメンストリート、地図
・まんが定食げんざえもん(北大路通、地図

実はこの2店舗、まったくの無関係なのです。

店名がまったく同じなので、姉妹店かのれん分け店にも見えますが、ラーメンストリートの方のお店で女将さんに確認したところ「まったく関係がないお店です」とのことでした。

女将さんによれば「たぶん、うちの方が古いとは思います」と、その発祥もよく分かっていないとのことでした。

まんが定食げんざえもん 実食レビュー


肉とキャベツのみそ炒め 730円

肉とキャベツのみそ炒め 730円

では「まんが定食げんざえもん」さんでは、どのような定食を食べることができるのでしょうか。

定食は600円~800円で、ごはんとみそ汁の付いた定食が基本です。

今回は、店で人気のメニュー「肉とキャベツのみそ炒め 730円」を食べてきました。

味噌のコクがあってご飯に合います

味噌のコクがあってご飯に合います

定食は量はちょっと多めです。

漫画があるのも、ここが学生の多いエリアということもあるのですが、学生が安く多く食べられるお店なのです。

肉とキャベツのみそ炒め」も量があり「おかずご飯お味噌汁冷ややっこ」の定食セットです。

中華味噌の味がものすごくご飯に合って、とても美味しく食べることができました。

まんが定食げんざえもん 基本情報


まんが定食げんざえもん

まんが定食げんざえもん

「まんが定食げんざえもん」さんの場所ですが、一乗寺にある店舗が広くて一番知られていると思います。

ラーメンストリートの中ほどにあり、高野口から北に上がって、白川疎水を越えたら3筋目にお店があります。

通り沿いにあるので、場所は分かりやすいかと思います。

もうひとつの店舗は、高野口から東へ北大路通をそのまま進むと「叡山電鉄」の踏切があるのですが、それを渡ってすぐ右手(南側)にあります。

京都府京都市左京区一乗寺払殿町48
営業時間:11:30~15時、17時~24時(土曜は17時~24時)
定休日:水曜
URL:https://shigechan-shop.jimdo.com/
Twitter:https://twitter.com/genzaemon_kyoto


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。