蕎麦酒房 櫟(いちい)@京都・わら天神「京都で唯一 河内鴨の店」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都で「河内鴨」が食べられる唯一のお店の紹介です。そのお店とは「蕎麦酒房 櫟(いちい)」さんで、金閣寺エリアにある手打ち蕎麦のレストランです。「河内鴨」は大阪・松原市の「ツムラ本店」さんのものを使っています。

今回は「ツムラ本店極上河内鴨ロース」などの実食レビューです。

広告

京都で河内鴨が食べられる唯一のお店が「わら天神」にある


京都で河内鴨が食べられるお店が「わら天神」にあった!

京都で河内鴨が食べられるお店が「わら天神」にあった!

今回の「京都案内」は、京都で唯一「河内鴨(かわちがも)」が食べられるお店という「蕎麦酒房 櫟(いちい)」さんの紹介です。

櫟(いちい)」さんは、わら天神に近い金閣寺エリアの西大路通沿いにあるお店で、手打ち蕎麦(二八蕎麦)河内鴨(かわちがも)の2つの食材を専門に扱う蕎麦処です。

「河内鴨」が食べられるのは京都でもここだけということで、鴨せいろ(蕎麦)や河内鴨肉の刺身を食べてきましたので実食レビューします。

蕎麦酒房 櫟(いちい)鴨せいろ 実食レビュー


鴨せいろ(1480円)に河内鴨のロースを使用

鴨せいろ(1480円)に河内鴨のロースを使用

こちらの「蕎麦酒房 櫟(いちい)」さんでは、大阪府松原市のブランド鴨肉(合鴨)である「河内鴨(かわちがも)」を使った「鴨せいろ(1480円)」を食べることができます。

それも「ツムラ本店極上河内鴨ロース」を使っているという、本物の「河内鴨」です。

というのも、「河内鴨」は松原市の「ツムラ本店」さんが飼育から加工をしている「ツムラ本店」のブランド鴨肉のことだからです。

「河内鴨」と書かれていれば、それは「ツムラ本店」さんの鴨肉ということになります。

こちらが極上ロースの鴨肉

こちらが極上ロースの鴨肉

鴨肉は厚みのある脂があるのですが、この「河内鴨」は75日間の飼育という少し長い飼育期間で、適度な運動(平飼い)された鴨のロース肉なので、脂分は意外とスッキリした味わいになっています。

やや、鴨肉らしい脂の香りがするくらいで食べやすいロース肉です。

肉は芳醇な鴨肉の香りがかなりするもので、ソバ汁に負けないくらいのコクと旨味がありました。

ちなみに、蕎麦は手打ちの二八蕎麦となっています。

鴨わさ 実食レビュー


鴨わさ(鴨肉とわさび)

鴨わさ(鴨肉とわさび)

今回は「鴨わさ 580円」も食べてみました。

ササミだと思いますが、それを軽く湯煎(して炙り)してあるようです。

それに薬味(ねぎ、わさび)などを付けて食べる料理です。

こちらは脂が落としてあるのでサッパリとした味わいになっていました。

河内鴨 刺身三種盛り 実食レビュー


河内鴨 刺身三種盛り(写真はササミ)

河内鴨 刺身三種盛り(写真はササミ)

河内鴨のお刺身(三種盛り 800円)も食べてみました。

レバーハツササミ」の盛り合わせで、ササミがお肉で、レバーとハツは内臓です。

レバーはかなり濃厚ですが、豚レバーとか牛レバーのような臭みがないので食べやすいと思いました。

ハツはツルッとした食感で、噛むとプリップリとしているので食感を楽しむ感じになっています。

ササミはアッサリした鴨肉で、ロース肉とはまただいぶ違う「河内鴨」の味を楽しむことができました。

蕎麦酒房 櫟(いちい)基本情報


京都・わら天神の蕎麦処「蕎麦酒房 櫟(いちい)」

京都・わら天神の蕎麦処「蕎麦酒房 櫟(いちい)」

金閣寺エリアにある蕎麦処「蕎麦酒房 櫟(いちい)」さんの場所ですが、西大路通の金閣寺道の少し手前(わら天神の南)にあるお店です。

ツムラ本店 河内鴨」を食べることができるのは、京都でもこの「蕎麦酒房 櫟(いちい)」さんだけです。

洒落たお店で、この辺りではデートにも使えそうなお店でもあります。

駐車場などはないので、近隣のコインパーキングを使うようにしてください。(金閣寺エリアのコインパーキング一覧はこちら

「ツムラ本店 河内鴨」さんの紹介記事もあります。

京都府京都市北区平野宮西町62
営業時間:11:30~14時、18時~21時
定休日:木曜


大阪の河内鴨(かわちがも)が、11月18日放送『青空レストラン』で紹介されるようです。松原市の老舗鴨肉店「ツムラ本店」さんの鴨肉のことで、予告では津村佳彦(つむらよしひこ)社長が映っていたので間違いありません。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。