京都には「軟式野球発祥の地」がある

実は、京都には「軟式野球」が始まった土地というのがあります。大正8年に、軟式野球大会が初めて開催されたのが京都の「成徳尋常小学校」で、その跡地が今でも残っており「軟式野球発祥の地」という少年像まであります。

まったく話題にならないほどニッチな名所ですが、通りがかりに見てきました。

広告

京都には「軟式野球発祥の地」がある


京都って「軟式野球」が始まった土地でもあります

京都って「軟式野球」が始まった土地でもあります

今回の「京都案内」は、なんと京都は「軟式野球」が始まった土地というお話です。

コルクが入った硬球ではなく、小学生などの野球で使われるゴムボールを使った野球を「軟式野球」と言いますが、その「軟式野球発祥の地」が京都にあるのです。

「野球」は明治期にアメリカから入ってきたスポーツで、当初はテニスボールを使った「野球」が日本に広まったそうです。

軟式野球ボールは、大正8年に東神ゴム(神戸市)が世界で初めて生産販売したものですが、それで日本にも「軟式野球」が広まっていきます。

この大正8年に、軟式野球大会が開催されたのが京都市内の「成徳尋常小学校」で、現在の「京都文化協会(高辻通室町)」です。

現在の「京都文化協会(高辻通室町)」

現在の「京都文化協会(高辻通室町)」

上の写真が、現在の「京都文化協会」ですが、なかなか風格のある建物です。

元は、明治9年に開校した「成徳尋常小学校」で、その時の風格がそのまま残っています。

この門の左脇に、実はとある銅像があるのです。

軟式野球発祥の地にある少年像


軟式野球発祥の地にある少年像

軟式野球発祥の地にある少年像

その銅像というのが「軟式野球発祥の地にある少年像」です。

バットとグローブを持った少年の像で、この台座には「軟式野球発祥の地」と明確に書かれています。

ちなみに、隣には「栄養給食の先駆けの地」という石碑もあります。

台座には「軟式野球発祥の地」と明確に書かれています

台座には「軟式野球発祥の地」と明確に書かれています

京都は歴史のある町で、近年までは日本の中心であった都市です。

そのため、こういうのがあっても別に驚きでもなんでもありませんが、あらためて見ると嘘くさい京都にはなんでもあるんだなぁ」という気にさせる記念碑です。

ちなみに「宝ヶ池公園スポーツ広場」にも同じものがありますが、「京都文化協会」が発祥の地ということになっています。

軟式野球発祥の地 基本情報


軟式野球発祥の地「京都文化協会」

軟式野球発祥の地「京都文化協会」

さて、この「軟式野球発祥の地」への行き方ですが、京都の四条河原町からさほど遠くない場所にあります。

京都のビジネス街「烏丸」から徒歩10分くらいで、烏丸通から高辻通を西に入って2筋目の先くらいの場所です。

「成徳尋常小学校」の古い建物があるので、すぐにわかりますが、その一番手前の敷地内に像があります。

観光のついでにという場所でもないのですが、繁昌神社という嘘くさい由緒ある神社もありますので、ビジネス出張の時にでも「会社のため」という口実に見に行けるかもしれません。

京都府京都市下京区繁昌町290


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。