山国とうふ @京都・京北「市場に出回らない幻の豆腐」実食レビュー

今回の「京都案内」は、激レアな幻の豆腐「山国とうふ」を実食レビューします。「山国とうふ」は京北で唯一作られている豆腐なのですが、一般には出回っていません。というのも、年に数回しか作られないという豆腐だからです。

では、この「山国とうふ」とはどのような豆腐なのでしょうか。

広告

京都・京北にある「市場に出回らない幻の豆腐」


超レアな豆腐、京都の「山国とうふ」です

超レアな豆腐、京都の「山国とうふ」です

京都の「山国とうふ」をご存知でしょうか?

もし、「山国とうふ」を知っているなら相当な豆腐マニアだと思いますが、一般に出回らない幻の豆腐なのです。

京都の京北で作られているのですが、通常は京北では豆腐は生産されていません。

しかし、ある特別な日だけ、この「山国とうふ」が作られて売られるのです。

その特別な日が、先日レポートした「京北ふるさと祭り」です。

激レア「山国とうふ」とは


劇レア豆腐「山国とうふ」が並んだ瞬間

劇レア豆腐「山国とうふ」が並んだ瞬間

ということで、この激レア豆腐「山国とうふ」が並んだ瞬間に買って来ました。

すぐには売り切れません。

あまりにもレア過ぎて・・・・

誰も知らないので売り切れません。

「山国とうふ」は京北産の大豆を100%使った手作り豆腐です

「山国とうふ」は京北産の大豆を100%使った手作り豆腐です

京北産の大豆を100%使った手作り豆腐が「山国とうふ」です。

京北の豆腐は、京北でも生産しているのは「山国さきがけセンター」だけなのですが、そこでも「京北ふるさと祭り」のようなイベントの時だけ作っているという「激レアな幻の豆腐」です。

では、この「山国とうふ」とはどのような味の豆腐なのでしょうか。

山国とうふ 実食レビュー


とっても柔らかい山国とうふ

とっても柔らかい山国とうふ

さっそく、この「山国とうふ」を食べてみることにしました。

とっても柔らかい豆腐で、ほんのちょっとしたことでも崩れていくほどですが、無添加で混ざりもの一切なしなので、大豆本来の味がするという豆腐です。

繊細な絹ごし豆腐の中でも、相当柔らかい豆腐だと思います。

なめらかで舌ざわりも良く、ザラザラした感じなど一切ありません。

きめが細かく、ふんわり柔らかい本物の豆腐です。

今回は、そのまま「ネギとポン酢」で食べたり、みそ汁で食べてみましたが、大豆の甘さがかなり出ておく、非常にコク深い本物の豆腐でした。

山国とうふ まとめ


「京北ふるさと祭り」の「山国さきがけセンター」さんのブース

「京北ふるさと祭り」の「山国さきがけセンター」さんのブース

この「山国とうふ」ですが、水分が多いので「みそ汁」や「そのまま食べる」よりも「湯豆腐」で使うのが良いと思います。

そのまま食べても結構水が出てきます。

無添加・京北産大豆100%の手作り豆腐で、一丁260円で販売されていました。

購入したのは、2017年11月3日開催「京北ふるさと祭り」の「山国さきがけセンター」さんのブースですが、販売はイベントのみなので普段は一切食べることができません。

チャンスは年2回で「山国さきがけフェスタ(10月)・京北ふるさと祭り(11月)」だけです。

今回は、事前に「山国さきがけセンター」の方に「山国とうふ売ります」と教えてもらっていたので何とか入手ができました。

なお、「京北ふるさと祭り」については現場レポート記事がありますので、ぜひそちらもご覧ください。

京都府京都市右京区京北塔町宮ノ前32
営業時間:
定休日:
URL:http://sakigake.net/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。