京北子宝いも @京都「京大で開発した 新京野菜」実食レビュー

今回の「京都案内」は「京北子宝いも」の実食レビューです。「京北子宝いも」というのは、京都大学で開発した里芋の品種で、それを京都市右京区京北の農家が栽培して販売しています。京都市も協働している「産官学が協働」した新京野菜ブランドです。

では、「京北子宝いも」はどんな味なのでしょうか。

広告

京北子宝いも「京大で開発した 新京野菜」


京北子宝いも(2017年品評会出展野菜)

京北子宝いも(2017年品評会出展野菜)

今回の「京都案内」は、京都市右京区の「京北」で栽培されている新京野菜の「京北子宝いも」を紹介します。

里芋の品種のひとつで、「農家京都大学京都市」が協働(きょうどう)して開発したものです(産官学協働)。

日本でも、ここ京都・京北でしか食べることができないサトイモです。

・農家、京都大学、京都市が協働して生まれた
・里芋の品種
・京都市右京区京北でのみ栽培
・新京野菜

地域のブランド野菜として、現状では京北エリアでしか栽培されていません

旬は10月中旬~11月で、5月に種芋を植えて10月に収穫が行われます。

ひとつの親芋に程よい大きさの里いもがたくさん付くことから「子宝芋」と命名されました。

京北子宝いも 実食レビュー


ほくほくしたトロみのある食感

ほくほくしたトロみのある食感

今回は、この「京北子宝いも」の煮物を料理してみました。

この「京北子宝いも」は、ほくほくしたややトロみのある食感で、シッカリとした里芋です。

夏には、これを使った「ジェラート」を紹介したこともあります。(該当記事はこちらです

里芋の香りがよく出ました

里芋の香りがよく出ました

身がシッカリしているので、一般的な里芋よりも煮込み時間がかかりました。

舌触りはキメが細かいものの、若干の舌ざわりがある感じでしたが、煮込んで食べると里芋の香りがよく出ている煮物になります。

味付けは少し強めでも良いかもしれません。

京北子宝いも まとめ


「京北子宝いも」は京都・京北でしか栽培されていません

「京北子宝いも」は京都・京北でしか栽培されていません

京都・京北でしか食べることができない里芋「京北子宝いも」は、ちょうど11月の今の時期に「ウッディ京北」(道の駅)で販売されています。

通販などでは入手できないので、京都の現地(京北)で購入するのが一番手っ取り早い方法です。

身は比較的しっかりとしており、煮込むとホクホクとした食感になります。

価格は、1袋で400円で販売されていることがほとんどです。

こういったご当地でのみ栽培されているブランド化は消費者の意識を向けさせるには良い方法だと思います。

京都府京都市右京区京北周山町上寺田1−1
営業時間:9時~17時
定休日:
URL:http://fuw.jp/woody/


今回の「京都案内」で紹介するのは「日本でここにしかない」ソフトクリームです。それは京都・京北でしか栽培されていない伝統野菜(京野菜)「子宝いも」を使ったソフトクリームです。今の時期だけ「京北子宝いもソフト」として数量限定販売されています。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。