熊本の謎「馬刺しチップス」が京都で売っていたので実食レビュー

熊本の謎「馬刺しチップス」が京都で売っていたので実食レビューしたいと思います。ここ何か月かボチボチとネットで話題になっていたのですが、地元の京都ではどこで売られているのかという情報すらありませんでした。

ですが、京都にも熊本の物産店があるので「馬刺しチップス」を購入することができるのです。

広告

熊本の謎お菓子が京都で売っていたのでお知らせします


また、おかしなものを見つけてしまいました

また、おかしなものを見つけてしまいました

今回は「京都案内」のカテゴリーですが、熊本で最近売り出し中のお菓子を京都で入手可能だったので実食レビューします。

熊本といえば「馬刺し(さくら肉)」と「天草大王(鶏肉)」が有名なお肉で、日本でも馬刺しで有名なのは熊本と会津(福島)くらいでしょう。

そのため、なかなか食べる機会がありませんが、馬刺しは京都でも食べられるお店があります。先日紹介した「ドットギャン」さんで食べることができるのですが、そこにもうひとつ・・・・・馬刺しに関係した不思議なお菓子がありました。

それが・・・・

馬刺しチップス\\\\ ٩( ‘ω’ )و ////

です。

馬刺しチップスを食べてみました


熊本の謎「馬刺しチップス」

熊本の謎「馬刺しチップス」

こちらの「馬刺しチップス」ですが、価格は350円(税別)と湖池屋の高級ポテトチップスよりもお高いという超高級なスナックです。

えびせんのようなお菓子に、馬刺しの味が付けてあるお菓子とのことですが、どんな味がするのか気になるところです。

ちなみに本物の馬刺しは、特に味がよくわからないお肉なのですが、九州産の甘い醤油に生姜を薬味にして食べるので、生姜醤油の味がします。

馬刺しチップスの味はいかに?

馬刺しチップスの味はいかに?

では、馬刺しチップスの味はどんな味がするのでしょうか?

おそるおそる食べてみると・・・・

生姜醤油の味がしました(笑)\\\\ ٩( ‘ω’ )و ////

まさに「馬刺しの味」ですが、本当の馬刺しを食べた方だと違和感があると思います。

逆に「馬刺し」を食べたことがない方だったら、普通においしいチップスかなという印象になりそうでした。

熊本の謎「馬刺しチップス」まとめ


本物の馬刺し

本物の馬刺し

さて、今回食べた熊本の謎「馬刺しチップス」ですが、京都では「ひごつ堂」さんで購入することができます。

熊本物産品の専門店なので、こういう熊本の名産品がたくさん売られているお店です。

馬刺しチップス」はクマモンも応援している商品で、本当に馬肉が原材料名に入っています。

ただし、製造業者の記載がなく、販売業者のみ書かれています(熊本県内)。

実は、これ信州(長野県)でも売られていて、どこのご当地お菓子なのかはいまいち不明なのです。

・馬刺し風味のチップス
・価格は350円~400円
・原材料に「馬肉」の記載がある
・味は生姜醤油っぽい味
・京都では「ひごつ堂」で購入可能
・製造業者が不明(販売業者のみ記載)
・長野県と熊本県で販売を確認

実際には馬刺しの味はしないというか、馬肉自体に特徴的な味がないのでたぶん分からない商品です。

でも、話のネタには良さそうな感じはしますね。

広告


馬刺しチップス 通販

ひごつ堂 基本情報


ひごつ堂 2017年3月13日新店オープン

ひごつ堂 2017年3月13日新店オープン

ひごつ堂さんの場所は、京都・西院です。

熊本県産の名物が揃っているお店は、実は京都にはなかったのですが、「ひとつ堂」さんが出来たので入手が容易になったと思います。

西院駅から西へ「四条通」沿いにあります。

すぐ隣はコインパーキングなので車で立ち寄ることも可能になっています。

京都府京都市右京区西院巽町27
営業時間:8時~10時(モーニング)、11時~20時(日祝は19時まで)
定休日:不定休
URL:http://www.shinba-inc.co.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。