北野白梅町駅で壁に穴 @京都・台風21号で駅舎が破損

10月22日深夜からの台風21号の影響で、京都の京福電気鉄道嵐山線は運休していますが、北野線の「北野白梅町駅」も駅舎に穴が開くなどしており復旧しなければならない状況です。今のところ北野線は運転していました。

京都市内は台風が運んできたゴミが散乱していますのでご注意ください。

広告

北野白梅町駅で壁に穴 2017年10月23日


2017年10月23日昼頃の北野白梅町駅の様子

2017年10月23日昼頃の北野白梅町駅の様子

10月22日から23日深夜にかけての台風21号により、京都の京福電気鉄道(嵐電)で運休するなどしていますが、北野線でも北野白梅町の駅舎に穴が開いています。

昨晩は強風により、家の屋根などが飛んでいたのを見たのですが、脆い構造で風を大きく受ける北野白梅町駅も無関係ではありませんでした。

場所は「嵐電 北野白梅町駅」という看板の右上、西大路通から見える位置です。

大きな穴というかタイルがはげています

大きな穴というかタイルがはげています

大きな穴というかタイルがはげています。

このタイルはどこかに飛んで行ったんだと思われますが、京都市内では随所で枝や木に葉っぱ、そしてゴミやいろいろな何かが道端に落ちている状況です。

中にはトタン屋根が落ちている場合もありますので、バイクなどの運転には注意が必要です。

嵐電は運休中


巨木が倒れていました

嵐電は嵐山線が運休となっています。

北野白梅町~帷子ノ辻までの区間(北野線)は遅延はあるものの運転しています。

嵐山線の有栖川駅の状況については、別記事をご覧ください

嵐電北野線は運転しています

嵐電北野線は運転しています

京都府京都市北区北野下白梅町
URL:http://www.keifuku.co.jp/


10月23日朝から京都・嵐山の「京福電気鉄道嵐山線」が台風21号の影響で運休しています。北野線は遅延と言われていましたが、嵐山線の「帷子ノ辻駅~有栖川駅」間で倒木、全線(嵐山線)運休とされていました。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。