有栖川駅で倒木 @京都・嵐山「京福電気鉄道嵐山線」運休

10月23日朝から京都・嵐山の「京福電気鉄道嵐山線」が台風21号の影響で運休しています。北野線は遅延と言われていましたが、嵐山線の「帷子ノ辻駅~有栖川駅」間で倒木、全線(嵐山線)運休とされていました。

復旧には時間がかかるとアナウンスされており、23日の嵐山方面へのアクセスは制限されそうです。

広告

京都「京福電気鉄道嵐山線」運休


京都「京福電気鉄道嵐山線」運休、原因は「有栖川駅」での倒木

京都「京福電気鉄道嵐山線」運休、原因は「有栖川駅」での倒木

嵐電(京福)「有栖川駅」東側で倒木が発生しています。

そのため、10月23日朝から、京福電気鉄道嵐山線は運休となっています。

公式サイトに情報はなかったのですが、朝から地元の人の間で話題になっており、場所は不明ながらも・・・・

有栖川だよね」

などと話していました。

ということで、嵐電「有栖川駅」へ様子を見に行ってきたのです。

台風21号の影響で「帷子ノ辻駅~有栖川駅」間で倒木、全線(嵐山線)運休

台風21号の影響で「帷子ノ辻駅~有栖川駅」間で倒木、全線(嵐山線)運休

駅につくと「台風21号の影響で、帷子ノ辻駅~有栖川駅間で倒木、全線(嵐山線)運休」と告知されていました。

ホームの先では、かなり大きな木の撤去作業が進められていましたが、まったく対処しようがないような感じになっています。

有栖川駅 倒木の様子


神の木弁財天で倒木しています

神の木弁財天で倒木しています

嵐電(京福)の倒木場所は「有栖川駅(ありすがわえき)」のすぐ東側で「神の木弁財天」の大きな木です。

10月23日11時時点で、撤去作業は進められていましたが、まだ線路上に木が倒れている状況でした。

かなり時間がかかるとアナウンスされており、23日の嵐山方面へのアクセスは制限されそうです。

巨木が倒れていました

巨木が倒れていました

なお、広沢池から鳴滝までの府道29号線や仁和寺から原谷へ向かう林道も通行止めになっているなど、交通事情がよくありませんのでご注意ください。

URL:http://www.keifuku.co.jp/

ご神木が根元から鳥居とコンクリごと倒れた状況


地面のコンクリが盛り上げるように根本から倒れています

地面のコンクリが盛り上げるように根本から倒れています

今回の台風21号では、その前からの連日の降雨で地盤が緩んでいたことと、台風による大雨と大風が、軟弱な地盤に影響したことで京都市内各地で大きな木が倒れるという事態になっていると思われます。

この神の木弁財天でも、地面のコンクリが盛り上げるように根本から倒れています。

なお、京福嵐山線は15時には復旧して運行再開しています。

コンクリと共に根本から倒壊

コンクリと共に根本から倒壊

神の木弁財天の社は無事のようですが・・・・

神の木弁財天の社は無事のようですが・・・・

神の木弁財天の鳥居ごともっていかれました

神の木弁財天の鳥居ごともっていかれました

嵐山・渡月橋の状況(2017年10月23日 11時頃)


嵐山・渡月橋の状況(2017年10月23日 11時頃)

嵐山・渡月橋の状況(2017年10月23日 11時頃)

2017年10月23日 11時頃の京都・嵐山も渡月橋のある桂川が増水して泥水となっています。

雨は強くなく、時折晴れ間も見えるのですが、曇り空であることも多く、観光客はまばらです。

京都府道29号線では一部で倒木が見られ、復旧作業をしているなどしています。

京都府道29号線では一部で倒木

京都府道29号線では一部で倒木

車の運行にはさほど問題はありませんが、裏道などは「通行止め」になっているところもあります。

そのため、渋滞でも大きな街道を走る方が良い結果となっています。

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町


10月22日深夜からの台風21号の影響で、京都の京福電気鉄道嵐山線は運休していますが、北野線の「北野白梅町駅」も駅舎に穴が開くなどしており復旧しなければならない状況です。今のところ北野線は運転していました。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。