京都ゼロゲート @四条河原町の全貌が明らかに!

2017年11月4日に新店オープンする四条烏丸の「京都ゼロゲート」の工事がひと段落したようで、目隠しになっていた覆いが取り払われています。2階以上は前から覆いはありませんでしたが、入口付近は工事の搬入用のため見えないようになっていました。「Apple Store京都(アップルストア京都)」の噂があったビルです。

焼肉の「叙々苑 游玄邸」が京都初進出(2017年11月16日~)が気になるお店でしょうか。

広告

京都ゼロゲートが2017年11月4日新店オープン


四条河原町の「京都ゼロゲート」2017年10月19日撮影

四条河原町の「京都ゼロゲート」2017年10月19日撮影

少し前に、京都に「Apple Store京都(アップルストア京都)」が出来るという話で、その候補ビルとして話題になった四条河原町の「京都ゼロゲート」が工事用の目隠しを外していました。

これまでは、入口付近のみ工事のため覆われて見えなかったのですが、入口のドアも見えるようになっていました。

京都ゼロゲート」はガラス張りのビルで、パルコが大丸の隣に建設中のビルです。

現在は出店テナントが3店舗決まっており、11月4日から順次オープンする予定です。

京都ゼロゲートのテナント


「Apple Store」らしくないです

「Apple Store」らしくないです

入口はあまり「Apple Store」らしくなく、やはりここは噂でしかないと思える外観でした。

現在、有力視されている「アップルストア京都」の場所は、京都産業会館の跡地に建設中の「京都経済センター」という四条烏丸駅のすぐ近くです。

京都ゼロゲートに入るテナントで決まっているものは以下の通りです。

ECC英会話教室(2017年11月4日)
叙々苑 游玄邸(2017年11月16日)
コタ事務所(2017年11月20日)

京都ゼロゲート 基本情報


京都ゼロゲート 外観

京都ゼロゲート 外観

京都ゼロゲートの場所は、大丸のすぐ東隣です。

四条烏丸周辺は、観光地というよりも京都のビジネス街で、地元のサラリーマン向けの飲食店が多い立地です。

書店や喫茶店とか、そういうお店が多いですね。

京都府京都市下京区立売中之町83-1


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。