金閣寺音舞台 @京都・金閣寺ライトアップが10月8日全国ネット放送

2017年9月9日、金閣寺でライトアップが実施されました。「金閣寺音舞台」というMBSのイベントで、2017年10月8日24時30分~から「金閣寺音舞台」が全国ネット放送されます。

金閣寺のライトアップは通常できないので、珍しい事例です。

広告

金閣寺ライトアップが10月8日全国ネット放送


今年は9月9日に「金閣寺」でライトアップがありました

今年は9月9日に「金閣寺」でライトアップがありました

皆さんは2017年9月9日に、金閣寺ライトアップがあったのはご存知でしょうか。

ただ、普通のライトアップではなく、テレビ番組としてのライトアップです。

金閣寺音舞台

これ、当選(招待)した方だけが見られたという特別行事だったのです。

もちろん、我々はチケットなんて持ってもいなかったので、金閣寺の近くで麻婆豆腐を食べていただけですが・・・・。

さて、「音舞台」というのは、MBSが1989年から行っているものですが、金閣寺での開催は今回で4回目ということです。

普段から金閣寺もライトアップをすれば良いのですが、いろいろと地域の問題もあって実現していません

金閣寺音舞台

📺オンエア情報📺 先日、京都・金閣寺で開催された「音舞台」に出演させていただきました! MBS毎日放送が1989年から行っており、今回で30回目の開催となる記念すべき節目に、とても豪華な出演者の皆様と共演させて頂き、とっても光栄です! こちらの模様は、下記の日程でオンエア予定✨ いつものシッキンとはまた違う世界観をお楽しみ頂けると思いますので、ぜひご覧下さい! <放送日時> ◾️10/8(日)深夜0時30分~ MBS・TBS系全国ネット放送 ◾️地上波放送終了後 12/24(日)午後4時~ BS-TBS 【写真提供:MBS】 We've performed at the world heritage Kinkaku-ji, Kyoto. This special show start from 1989. It was honored to be a part of this 30th anniversary show with so many talented actors, singers and performers!!!

stkgzさん(@stkgz_official)がシェアした投稿 –

開催は2017年9月9日で、二回のステージが開催されたと言います。

一部の方が「MBS」の許可のもと情報を開示していたり、出演者などから情報が少し出ているだけです。(そうでもない写真も一部ネットに出ていますが)

実際に参加した子の話では、写真撮影が厳重禁止であったため、実際に見に行った方の情報などが事前に出ていません。

そのため、知名度も低く視聴率も低い可能性がありますが、10月8日全国ネット放送されます。

放送は2017年10月8日24時30分~となっています。(10月9日月曜日深夜0時30分)

Twitterの口コミや感想

MBS主催の金閣寺音舞台にご招待頂き行ってきました。 金閣寺で開催できるのは10年に一度という貴重な体験。 世界的ヴァイオリン奏者ギドンクレーメル、人間国宝井上八千代、俳優市村正親、世界的アコーディオン奏者クセーニャシドロワ、世界的アーティストであるサラオレインといった超一流の出演者の中にシッキン、トリックスターがいるという事が素晴らしい。 また以前ご一緒させて頂いた打打打団天鼓さんも出演されていました。 幻想的な金閣寺の前に特設ステージが組まれ素晴らしいロケーションでした。 大きな刺激を頂きました。この刺激をまたストリートダンス界にフィードバックしてオモロイ事また作り出します! #金閣寺音舞台 #MBS #シットキングス #トリックスター

TANABONさん(@tanabon_adhip)がシェアした投稿 –


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。