大枝柿 @京都・洛西大枝の秋の味覚「柿」がもうすぐ旬です

京都で柿といえば「大枝柿」です。今回の「京都案内」は、もうすぐ旬を迎える富有柿(ふゆうがき)の特産地「洛西大枝」の柿ストリートを早々に紹介しておきたいと思います。京都市内にも近い国道9号の沓掛(くつかけ)付近から柿畑が広がって、柿狩りができるのが京都「洛西大枝」というエリアなのです。

大枝柿の旬は10月中旬~11月ですよ。

広告

京都で柿といえば「大枝柿」


京都で柿といえば「大枝柿」です

京都で柿といえば「大枝柿」です

そろそろ「秋の味覚」が出てくる時期ですが、京都にも秋の味覚がたくさんあります。

そのひとつが「」ですが、「京都に柿ってなんかありましたっけ?」という方は、ぜひ「大枝柿(おおえのかき)」を知っておいてください。

京都の洛西大枝は、柿の有名な産地なんです。

大枝柿ストリート


大枝柿ストリートというのがある?

大枝柿ストリートというのがある?

国道9号線を亀岡方面に向かうと「沓掛(くつかけ)」という交差点があります。

そこを左折すると「大枝西山街道」という通りになるのですが、縦貫道の脇を通る道で、しばらく進むと斜めに入る道があります。

そこが通称「大枝柿ストリート」で、柿農園さんが多くあって、10月10日(おいしいのは11月入ってから)くらいから色鮮やかな柿が大量に売られる通りになるのです。

秋の味覚といっても、柿が食べごろになってくるのは11月に近くなってからです。

だいたい10月10日頃から、そろそろ出てくるという感じで、9月29日の時点では「大枝柿ストリート」でもまだ今年の柿は「早生柿」があるか、もしくは和歌山産など他地域のものが並んでいるだけでした。

10月も半ばくらいになれば、ここらへんの柿農家では一斉に「柿狩り」ができるようになり賑やかになってきます。

多くの商店ではまだ別の野菜などが並んでいます

多くの商店ではまだ別の野菜などが並んでいます

ちょうどナスが大量に出回っていました

ちょうどナスが大量に出回っていました

あと半月ほどすると柿狩りも始まってきます

あと半月ほどすると柿狩りも始まってきます

早生柿


9月末だとまだちょっと早いです

9月末だとまだちょっと早いです

9月末だとまだちょっと早いですのですが「早生柿」が売られていたりもします。

一山100円~500円、大きさでお値段変わりますが「清原農園」さんで売られていました。

地元の方に聞いたのですが、やっぱり「今はまだ早いよ」ということで「食べるなら10月半ばくらいからで11月に入ってからがいいよ」と教えていただきました。

一応、別のお店で「熟した柿」もあったのですが、お店の方に聞いたところ「和歌山産」ということで、食べるなら「大枝産が出回ってからにしてからにしたほうがいい」とも教えてもらいました。

富有柿(ふゆうがき)


富有柿(ふゆうがき)の看板

富有柿(ふゆうがき)の看板

大枝の柿は品種でいうと「富有柿(ふゆうがき)」と呼ばれるものです。

果肉がやわらかく甘い柿として知られている柿の代表格ともいえる品種です。

大枝の街道を歩いていると、この「富有柿(ふゆうがき)」という看板がたくさんありました。

大枝柿 まとめ


大枝柿 もうすぐ旬です!

大枝柿 もうすぐ旬です!

ということで、今回の「京都案内」は少し早めに京都の特産品「大枝柿」を紹介しました。

旬は10月~11月で、甘くてやわらかい「富有柿(ふゆうがき)」の柿狩り露店販売が行われているのが、洛西大枝の「柿ストリート」です。

京都で柿といえば「大枝柿」なので、ご存知の方も多いでしょう。

今からチェックしといて、旬になったら家族で柿狩りとかいかがでしょうか?

広告


富有柿(ふゆうがき)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。