サルーコーヒー @京都・嵯峨「自家焙煎コーヒーとホットサンド」実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都・嵯峨の隠れコーヒー店「サルーコーヒー」さんの紹介です。カフェというよりも、自家焙煎工房で本当の味を気軽に味わえるようなお店です。苦味が少なく、コーヒー豆本来の味と種類の違いがよく分かるコーヒーでオススメです。

また、一緒に食べていただきたいのが激しくおいしい「ホットサンド」です。

広告

京都・嵯峨の隠れコーヒー店「サルーコーヒー」


京都・嵯峨の隠れコーヒー店「サルーコーヒー」

京都・嵯峨の隠れコーヒー店「サルーコーヒー」

今回の「京都案内」は、嵐山の東「嵯峨」にある自家焙煎コーヒー店の紹介です。

オープンは昨年11月頃とのことで、そろそろ1年になりますが、おいしいコーヒーとホットサンドを食べることができるのに、まだあまり知られていません。

サルーコーヒー(SARUT COFFEE)

お店の名前は「サルーコーヒー」さんというのですが、ちょっとばかり分かりづらい場所にあります。

サルーコーヒー 店舗の様子


サルーコーヒーさんは自家焙煎工房です

サルーコーヒーさんは自家焙煎工房です

紹介する「サルーコーヒー」さんは、自家焙煎したコーヒー豆を喫茶店などに卸すのがメインのお仕事です。

しかし、その工房はオープンになっており、ふらりと立ち寄ってコーヒーを飲んで行くこともできるのです。

イスとテーブルは少しだけなので、私はだいたいカウンターの前でオーナー様と話しながら飲むスタイルですが、どういう風に飲むかは飲み人しだいのお店です。

おいしいコーヒーがたくさん揃っています

おいしいコーヒーがたくさん揃っています

サルーブレンド(1) 300円 ※ブラジルベース
サルーブレンド(2) 300円 ※パプアニューギニアベース
サルーブレンド(3) 300円 ※ケニアベース
グァテマラ アクアブランカ 320円
コスタリカ ハニー 350円
パプアニューギニア 320円
ブラジル(1) 300円
ブラジル(2) 300円
マンデリン 360円
ケニア カンゴチョ 380円
コロンビア パシオン デラ シエラ 320円

もちろん、豆で購入することも可能ですが、ホットサンド(480円)も食べたいので中でいただくことにします。

自家焙煎コーヒーとホットサンド 実食レビュー


コスタリカ ハニーをチョイス

コスタリカ ハニーをチョイス

コーヒーは「ケニア カンゴチョ 380円」と「コスタリカ ハニー 350円」とチョイスしました。

「ケニア カンゴチョ」はコクがあり香りが強め、「コスタリカ ハニー」はやや甘みを感じるコーヒーです。

2杯飲んでますが、それは私がコーヒー大好きだからです。

カウンター前でスタンディングしつつ会話しつつコーヒーを飲みます

カウンター前でスタンディングしつつ会話しつつコーヒーを飲みます

こちらのコーヒーは、コーヒーのコクは出ているのですが苦みが少なくそのまま飲むのがオススメです。

私はコーヒー・砂糖をじゃんじゃか入れる似非コーヒー通なのですが、ここのコーヒーはそのままいただいています。

苦味が気にならないコーヒー豆の違いがよく分かるコーヒーという感じでしょうか。

ホットサンドは食べていただきたいです

ホットサンドは食べていただきたいです

コーヒーもおいしいのですが、ここの「ホットサンド(480円)」は食べていただきたいです。

パンは同じエリアの「こうもり菓子」さんの食パンを使い、それをケーキを焼く器具で焼き目をいれてトーストしたものです。

中には「チーズブラックペッパードライトマトハム」がサンドされており、ペッパーの香りを楽しみながら、カリカリしたパンの食感を楽しむホットサンドになっています。

サルーコーヒー(SARUT COFFEE)基本情報


サルーコーヒー(SARUT COFFEE)外観

サルーコーヒー(SARUT COFFEE)外観

さて、おいしいコーヒーと絶品ホットサンドのお店「サルーコーヒー(SARUT COFFEE)」さんの場所ですが、嵐山から淀川沿いを走っていると「嵯峨美術大学」の近くを通るのですが、お店は大学の目の前にあります。

不思議なことに学生さんはあまり来ないそうですが、地元の常連さんなんかがよくいらしているそうです。

イスが少ししかないので普通のカフェというか、自家焙煎工房で本当の味を気軽に味わえるようなお店だと思ってください。

コーヒーの味は間違いありませんので、お近くにお立ち寄りの際には一度寄ってみていただきたいお店です。

京都府京都市右京区嵯峨蜻蛉尻町1−11
営業時間:9:30~19時
定休日:不定休(火曜休みが多いみたいです)
URL:https://www.sarutcoffee.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。