京都 市場メシ @京都中央卸売市場「割烹マキノ 中トロ造り」実食レビュー

今回の「京都案内」は、市場で食べる朝ごはんです。いわゆる「京都 市場メシ」というやつですが、意外と情報が少ないジャンルです。食べに行ったのは「錦市場」ではありません。京都中央卸売市場の関連棟という一般の方でも入れるエリアです。

割烹マキノ」さんの中トロ造り(刺身)を食べてきました。

広告

京都で「市場メシ」


京都中央卸売市場(ホテル・商業地区になるため足場が見えます)

京都中央卸売市場(ホテル・商業地区になるため足場が見えます)

今回の「京都案内」は、京都の台所「京都中央卸売市場」で、朝の市場メシを食べてきましたので紹介します。

京都の台所といえば「錦市場」ですが、それも昔の話で今は観光地でしかなく、市内で市場といえば「京都中央卸売市場」が最初に思い浮かぶようになりました。

この「京都中央卸売市場」ですが、プロの聖域と思われていますが、実際には「関連棟」という所に「一般の方大歓迎のお店」もあります。

京都中央卸売市場には一般の方歓迎の場所もあります

京都中央卸売市場には一般の方歓迎の場所もあります

京都中央卸売市場でプロの方がいるのは「新千本通」沿いの棟で、その西側にある「関連棟」は一般の方でも利用できるエリアっとなっています。

そこには商店や飲食店があり、その中に定食屋さんやラーメン店などがあるのです。

今回は、その中にある「割烹マキノ」さんで「市場メシ(中トロ定食)」を食べてきましたので実食レビューします。

割烹マキノ 中トロ造り


朝の定食は、目の前の棚で焼魚を選んでください

朝の定食は、目の前の棚で焼魚を選んでください

割烹マキノさんの店内は、古い建物なので渋さのあるお店です。

メニューは朝の定食(焼き魚)もありますが、刺身もあって、朝の定食(焼き魚)の場合は目の前のカウンターで魚を自分で選んで「定食で」と言えば良いでしょう。

造り定食中トロ定食」の場合は、お店の方にそう伝えてください。

朝の定食 700円
造り定食 1000円
中トロ定食 1100円

中トロ定食 1100円

中トロ定食 1100円

食べたのは「中トロ定食 1100円」です。

他のお客さんも中トロを食べているのが見えますが、ボリュームもあって1000円ちょいなので割安だと思います。

入っているのは「赤身3切れ、中トロ5切れ」です。

中トロの脂が舌の奥にコクを運んできました

中トロの脂が舌の奥にコクを運んできました

さすが「中トロ」というべきでしょうか。

市場で仕入れた新鮮なマグロの刺身で、舌の奥の両サイドにビンビンとコクが伝わってきます。

量も結構あって、ごはんも普通と大盛が選べるようになっていました。

朝から市場で食べる中トロは最高です

朝から市場で食べる中トロは最高です

朝から市場で食べる中トロは最高なので、早起きして食べに行ってもらいたいのですが、土日は市場休みなので平日に食べに行くしかありません。

その点で、若干行きづらい場所ではありますが、そこは市場なので新鮮なものが食べられるというメリットがあります。

焼き魚もその日のセレクトなので、オススメのお店です。

割烹マキノ 基本情報


割烹マキノ 激渋でイイ感じです

割烹マキノ 激渋でイイ感じです

割烹マキノさんの場所ですが、地図で検索すると別の場所が表示されるかもしれません(修正申請出してあります)。

正確な場所は「石田食堂」さんの隣で「関連11号棟」という建物の中にあります。

営業時間は、朝6時頃~9時頃くらいまでです。

京都中央卸売市場は、一般向けの駐車場がないのでご注意ください。自転車・バイクは関連棟近くに置き場があります。

京都市バスの場合「33・205・208号系統」で、バス停「千本七条」下車が近いと思います。

この周辺には、他にもラーメン店なんかもあるので、いろいろ探してみてください。

京都府京都市下京区朱雀分木町80
営業時間:6時~9時頃
定休日:土日
URL:http://www.kyoto-ichiba.jp/access/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。