凡蔵ロール @京都・上七軒「地元で愛されるロールケーキ」実食レビュー

今回の「京都案内」は、本当に地元で愛されているスイーツです。京都・上七軒にある「菓子工房 凡蔵」さんにある「凡蔵ロール」というロールケーキを紹介します。

こちら、テレビやネットで話題にされませんが、地元民は買いに行くお店です。

広告

京都には本当に地元で愛されるスイーツがある


京都には『嵐にしやがれ』などで紹介され大行列のお店もありますが・・・

京都には『嵐にしやがれ』などで紹介され大行列のお店もありますが・・・

今回の「京都案内」は、本当に地元で人気のロールケーキを紹介します。

最近は、テレビで紹介されたりして大行列のできる京都スイーツがあったりしますが、中には別にどうってことないのに「地元民御用達」とか「行列必至の人気店」とか煽るタイトルのブログ記事なども多く見かけます。

そこで、地元視点がモットーという方針を貫くため「本当に地元で人気のスイーツってあるのか?」という大激論を身内で行いました。

マールブランシュ北山本店

マールブランシュ北山本店

すると、フード担当はいつも軽口ばかりたたいている口で、じっくりとそしてやんわりと「2軒のお店」を言い出したのです。

フード担当 「そういうお店はほぼ無いんだけど・・・ひとつは北山のマールブランシュ

そこは地元の超有名店ですね。(実食レビューはこちら

京都には本当に地元で愛されるスイーツがある

京都には本当に地元で愛されるスイーツがある

フード担当 「もうひとつは上七軒にある凡蔵ロールだねぇ」

ぼんくらロールケーキ!?

知らないのは温泉担当だけでしたが、凡蔵ロールといえば、一時期は「入手困難」とまで言われた幻のロールケーキなのです。

フード担当が言うには「しっとりスポンジケーキの中に、生クリームとカスタードクリームがたっぷり入った地元のロールケーキ」ということで、温泉担当を買いに走らせました!

凡蔵ロールを買いに京都の上七軒まで行ってきました


京都・上七軒にある「凡蔵(ぼんくら)」さん

京都・上七軒にある「凡蔵(ぼんくら)」さん

フード担当 「某どら焼きの店とか地元じゃ陰口たたかれてるけど、ここは本当に地元民がよく買いにくる店だよ」

こいつもあんまり喋らせると問題あるので(笑)、うちの困ったちゃん温泉担当に買いに行ってもらいました。

オープンは10時からで、10時過ぎには店頭に到着です。

しかし、そこは地元の人気店!

オープン直後から、すぐ近くに住む住民たちが歩いて買いに来ているという盛況ぶりです。

チーズケーキやロールケーキにプリンもあります(撮影許可済)

チーズケーキやロールケーキにプリンもあります(撮影許可済)

お店はケーキ屋さんなので、いろいろなケーキがショーケースに並んでいます。

お値段もリーズナブルで500円を超えるものはありません。

各種ロールケーキ 390円(カット)
モンブラン 410円
チーズケーキ 360円
ショコラ 360円
ショートケーキ 410円
シフォンケーキ 250円
生チョコトリュフ 390円
ラズベリームース 420円
なめらかプリン 290円

お店は京都の町家をリノベした感じのお店です

お店は京都の町家をリノベした感じのお店です

こちらのお店「凡蔵」さんは、2008年に京都出身のオーナーシェフが20年ほどホテル(ホテルフジタ、ハイアットリージェンシー)で修業を積んでから独立開業したケーキ店です。

1号店は、今回訪問した「上七軒店」ですが、現在は周辺に3店舗あって「西大路御池店」が工房(本店)となっています。

上七軒界隈はご高齢の方々が多くてお客さんもそういった方が多いとのことで、近くの西陣病院などへのお見舞いのケーキとして買われる方もいるそうです。

ということで「凡蔵ロール 1100円」を1本買ってきましたので、早速食べてみましょう!

凡蔵ロール 実食レビュー


これが噂の「凡蔵ロール」です!

これが噂の「凡蔵ロール」です!

ということで、こちらが噂の「凡蔵ロール 1100円」です。

スポンジケーキは、シットリしつつも空気を多く含んだフワフワしたもので、それに生クリームカスタードクリームたっぷり入っています。

スポンジケーキとカステラの中間のようなイメージで、舌ざわりの良い高級感あるロールケーキと言えます。

クリームの存在感があります

クリームの存在感があります

クリームは、生クリームが見えていますが、一番奥にカスタードクリームも入っていて、味の変化球を楽しむことができます。

このクリームが、また上品で甘みも程よくスポンジケーキの良さを打ち消さない絶妙のバランス感があります。

もちろん、よくある安物のホイップクリームなどではありません。

見た目で分かるおいしいやつです。

温泉担当も満足した逸品でした

温泉担当も満足した逸品でした

うちのフード担当が言うものはまず間違いないものばかりですが、和菓子ばっかり食べている温泉担当も満足した逸品でした。

温泉担当 「カリカリしてて美味しいぃぃぃうぉぉぉ!!!( ˶´﹃`˵ )」

ちょっと待て(笑)

おまえ、後ろで何食べてんだ?!

クッキーシュー 実食レビュー!?


温泉担当がこっそり食べてた「クッキーシュー 210円」

温泉担当がこっそり食べてた「クッキーシュー 210円」

うちの困ったちゃん温泉担当ですが、こやつ後ろを向いて(隠れて)、別のものを食べていたのです!

それが・・・・

クッキーシュー 210円」です。

温泉担当 「店員のおねーさんがイチ押ししてたやつ!!!d(ŐдŐ๑)」

クリームたっぷり、カリカリサクサクのシュークリームです!

クリームたっぷり、カリカリサクサクのシュークリームです!

実はこれ、今は店員のおねーさんが「これ食べて入社しました」というくらいの絶品!カリカリなシュークリームだったのです!

しかし、こやつは自分の分しか買ってきていません。

温泉担当 「ちょー美味かったのだぁぁぁぁ!!!o(。’▽’。)o」

なんかムカつくので、また後日にでも罰ゲームさせたいと思います(笑)

菓子工房 凡蔵 基本情報


凡蔵 @京都・上七軒

凡蔵 @京都・上七軒

さて、今回紹介した「菓子工房 凡蔵 上七軒店」さんの場所ですが、今出川通から七本松通を南に下った所にあります。

今の本店は「西大路御池本店」ですが、かつては上七軒のお店が本店でした。

二条のBiVi隣りにも「二条店」がありますので、近い所へ行けば良いでしょう。

営業時間や定休日は3店とも同じですが、たまに臨時休業がありますので、公式サイトを見て行った方が無難です。

京都府京都市上京区二番町209
営業時間:10時~20時
定休日:火曜
URL:http://cake-west.com/bonkura/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。