京都の枝豆「夏ずきん・紫ずきん・黒枝豆・白枝豆」の違いとは?

今回の「京都案内」は、京都の枝豆のお話です。枝豆って大豆の未成熟の柔らかい時のものを食べるものです。一般的には「白枝豆(青枝豆)」が多いのですが、京都ではブランドとして丹波黒豆の枝豆「黒枝豆」を多く見かけます。それも「紫ずきん」とか「夏ずきん」という名前で売られています。

でも、それらの違いについてはあまり考えずに食べているのではないでしょうか。

今回は「夏ずきん紫ずきん黒枝豆白枝豆」の違いについてまとめてみました。

広告

京都の枝豆「夏ずきん・紫ずきん・黒枝豆・白枝豆」の違い


枝豆には「黒枝豆・白枝豆」とか「紫ずきん・夏ずきん」とかあってややこしい

枝豆には「黒枝豆・白枝豆」とか「紫ずきん・夏ずきん」とかあってややこしい

今回の「京都案内」は、そろそろ京都の枝豆「紫ずきん」の季節ということで、枝豆のお話です。

枝豆は夏の食べ物なので、季節的にはそろそろ終わりではあるのですが、秋頃に出回るのが「紫ずきん」という銘柄です。

でも、いろいろと気になることはありませんでしょうか?

・紫ずきんってブランド名?それとも品種?
・夏ずきんって何?
・黒枝豆というけど他に色があるの?

お店に買いに行っても「枝豆」にもたくさんの種類があって、それぞれ「どういうものなのか?」という疑問がありますよね。

紫ずきん(丹波黒豆から生まれた品種)


紫ずきんってブランドなの?それとも品種?

紫ずきんってブランドなの?それとも品種?

これからの時期は、丹波黒豆から生まれた「紫ずきん」という品種の枝豆が京都では流通します。

これ、粒が大型の品種でコクの強い味わいがする枝豆です。

・丹波黒豆から生まれた品種名
・秋の枝豆
・大粒
・やわらかめ
・枝についたサヤの大きいものを収穫
・摘んで収穫するので袋詰めになっている

京都のスーパーで、よく袋詰めで販売されているのを見かけると思います。

これは、枝についたサヤの大きいものから収穫していくので「枝(房)」で売られないからです。

しかし、収穫も最後の方になると枝ごと安売りされたりしています。

夏ずきん(早生の紫ずきん)


夏ずきんという枝豆も見かけますが・・・

夏ずきんという枝豆も見かけますが・・・

枝豆は夏の食べ物なのですが、京都では「夏ずきん」という銘柄も見かけると思います。

商品には「丹波黒大豆から生まれた京都の夏限定の枝豆」と書かれているのですが、これ実際は「紫ずきんの早生」です。

ということで「夏ずきん」というのはブランド名になります。

・丹波黒豆から生まれたブランド名
・夏の枝豆
・モノとしては「紫ずきん」の早生
・紫ずきんとして売るほうが高く売れるので農家的にはよろしくない

「紫ずきん」と同じものなのですが、枝豆の夏の季節にも出荷したいという思惑があるのでしょう。

しかし、「紫ずきん」という名前の方が有名で、農家的にはわざわざ早採りして売る必要もないのです。そのため、農家的にはあまりよろしくないブランドになっています。

黒枝豆と黒大豆の違いとは?


写真は黒豆、黒枝豆はそれの未成熟のもの

写真は黒豆、黒枝豆はそれの未成熟のもの

先ほどの「紫ずきん夏ずきん」は黒枝豆というものです。

黒枝豆というのは、本来は「黒大豆」です。

黒大豆」は、冬の12月に収穫を迎えるのですが、それを9月から収穫したものが「黒枝豆」というのです。

つまり枝豆というのは「大豆」の未成熟な時期のもので、柔らかいので枝豆として食べられているわけです。

夏ずきん(黒枝豆) 8月頃に収穫
紫ずきん(黒枝豆) 9月頃から収穫
黒大豆 12月に収穫

黒枝豆と白枝豆の違いとは?


写真は黒枝豆、では白枝豆ってなに?

写真は黒枝豆、では白枝豆ってなに?

さて上記までは「黒枝豆」ばかりを紹介していました。

では「黒以外」もあるのでしょうか?

実は「黒枝豆」が出回り始めたのが最近のことで、それ以前は「白枝豆(青枝豆)」が一般的に流通していました。

こちらが「白枝豆」で見た目はさほど変わりません

こちらが「白枝豆」で見た目はさほど変わりません

サヤのままだと、黒枝豆も白枝豆も違いはほぼわかりません。

でも、これは中を見ると違いがわかります。

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です

左が「白枝豆」で、右が「黒枝豆」です。

色がだいぶ異なりますよね。

でも、京都以外では一般的に枝豆といえば「白枝豆」を見ると思います。

京都では、ブランドとして「黒枝豆」の方が高級で美味しいというイメージが定着しているので、農家さんが「白枝豆」から「黒枝豆」に生産をシフトしているのです。

そのため、京都では「黒枝豆」の方を見かけることがほとんどです。

京都の枝豆 まとめ


枝豆はおいしいし栄養もあります

枝豆はおいしいし栄養もあります

ということで、今回は「京都の枝豆」の話でした。

単に「枝豆」といっても知らないことがたくさんあります。

・紫ずきんは秋に流通する丹波黒豆の早生
・夏ずきんは夏に流通する紫ずきんの早生
・紫ずきんも夏ずきんも黒枝豆
・黒枝豆は丹波黒豆の早生
・白枝豆(青枝豆)は大豆の早生

大豆は豆腐の材料ですが、それの柔らかい早熟のものが「枝豆(白枝豆)」です。

黒枝豆」というのは、丹波黒豆の早熟のもので「紫ずきん」という京ブランドとして出荷されます。

夏ずきん」は「紫ずきん」をさらに早採りしたものなのです。

興味深いですよね。

広告


「紫ずきん」通販


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。