茶菓 えん寿 @京都・太秦「たくさんの日本茶が楽しめるカフェ」新店オープン

今回の「京都案内」は太秦映画通商店街に新しくオープンした日本茶専門店「茶菓 えん寿」さんへ行ってきました。40種類もの茶葉を生産農家さんから取りそろえた本格的なお店で、また和菓子も老舗「老松」で修業されたものです。

日本茶・和菓子ともに本格的ですが、お店は入りやすいリーズナブルなカフェになっていました。

広告

京都・太秦にある多数の日本茶が楽しめる店


たくさんの日本茶が楽しめる店が京都・太秦にあります

たくさんの日本茶が楽しめる店が京都・太秦にあります

今回の「京都案内」は、2017年8月9日に新店オープンしたばかりの日本茶専門の茶房「茶菓 えん寿」さんを紹介します。

日本茶と和菓子のカフェで、日本茶は産地・製法による違いを楽しめるように多数の契約農家さんから茶葉を取り寄せている日本茶の専門店です。

また、和菓子はオーナー様が上七軒の老舗和菓子店「老松」さんで修業された方で、季節の和菓子を用意されていました。

実際に「茶菓 えん寿」さんで「本わらび餅」と「日本茶」をいただいてきましたので実食レビューしたいと思います。

本わらび餅・日本茶 実食レビュー


本わらび餅(日本茶付) 700円

本わらび餅(日本茶付) 700円

わらび餅は鹿児島県と宮崎県の県境に自生するわらびを使った「本わらび餅」です。

純度の高い「本わらび餅」で、本物らしい濃い緑色のものになっていました。

甘味は結構あり、それに合わせたサッパリ系の日本茶(本日は滋賀県政所の茶葉)がセットになっています。

黒蜜を使わなくても十分甘味がありました

黒蜜を使わなくても十分甘味がありました

煎茶・釜炒り茶 450円~
玉露 550円~
抹茶(主菓子付) 1000円
本わらび餅(日本茶付) 700円

付いていた日本茶はサッパリ系で「香りの良い」滋賀県・政所で生産されたものを温度・時間をきちんと管理して出されていました。

そのため、美味しく飲みやすい日本茶です。

どこの生産地なのかなど、提供される時にお店の方が教えてくれます。

店内は4人カウンター、奥に大人数対応のテーブル、二名テーブルがひとつ

店内は4人カウンター、奥に大人数対応のテーブル、二名テーブルがひとつ

店内は白を基調に、木目のカウンターと気軽に入れるカジュアルな日本茶専門店となっています。

堅苦しい雰囲気一切ないので、色々な日本茶を飲んでみたいというカジュアル層に向いていると言えますが、取り揃えは40種類ほどあり本格的な日本茶専門店とも言えます。

和菓子も老舗「老松」さんで修業されたということで、日本茶に合う和菓子を季節で選んで作られているとのことです。

和菓子のテイクアウトもあります


和菓子のテイクアウトやお茶の購入も可能です

和菓子のテイクアウトやお茶の購入も可能です

和菓子や日本茶は購入することもできます。

日本茶も1回分を1パックで販売しており、色々なお茶を少しずつというコンセプトで女子ウケしそうな商品構成です。

和菓子は350円~、日本茶も150円~450円程度とリーズナブルになっていました。

日本茶の小分けパックがたくさんありました

日本茶の小分けパックがたくさんありました

茶菓 えん寿 基本情報


茶菓 えん寿 外観

茶菓 えん寿 外観

さて、今回紹介した「茶菓 えん寿」さんの場所ですが、京福北野線「帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)」から徒歩2分程度の「京都太秦映画通商店街」にあります。

入りやすい雰囲気のお店で、平日の朝11時前にも関わらず、若い男性とおば様方でにぎわっていました。

訪問時は意外と若い男性率が高かったのですが、これはたぶんたまたまだと思います。

オーナー様も若い男性で、気さくに話せる方なので、面白いお店でしたよ。

京都府京都市右京区太秦多藪町14−93
営業時間:10時~18時
定休日:日曜


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。