さぬきうどん中野屋 @京都・龍安寺で朝うどん 実食レビュー

今回の「京都案内」は京都市右京区にある讃岐うどん専門店さぬきうどん中野屋 京都店」さんで朝うどんを食べてきました。女将さんが高松出身の方で15年ほど前から龍安寺近くにお店を構えています。

小さい頃食べていた本場讃岐うどんにかなり近い味がするお店でした。

広告

京都・龍安寺で朝うどん


さぬきうどん中野屋 京都店さんへ行ってきました

さぬきうどん中野屋 京都店さんへ行ってきました

今回の「京都案内」は、朝9時から朝ウドンが食べられるお店「さぬきうどん中野屋 京都店」さんへ行ってきました。

京福線「龍安寺駅」の近くにある本場讃岐うどんのお店です。

店内には麺切り器があり、生めんの打ちたてを食べることができます。

お店は半セルフで天ぷらが並んでいます

お店は半セルフで天ぷらが並んでいます

店内にはテーブル席が4つほどあり、カウンターでは女将さんが讃岐うどんを茹でていました。

天ぷらは大きいものが100円からと、さながら高松にあるセルフうどん店のようです。

讃岐うどんといえば天ぷらで食べるのがスタンダードなので、さっそく野菜やちくわの天ぷらで食べてみることにしました。

さぬきうどん中野屋 実食レビュー


かけ・ぶっかけ・釜玉などがあります

かけ・ぶっかけ・釜玉などがあります

メニューは「かけ 270円」からで、チェーンの「丸亀」さんとか「はなまる」さんとかと変わらないお値段です。

カウンターには「天かすねぎ生姜」も置かれています。

なんでか知らないのですが香川のウドンって「生姜」入れますよね。

あと、9時~11時までは「朝うどんタイム」で、生卵が1個サービスになっていました。

かけうどん 270円

かけうどん 270円

こちらが「かけうどん 270円」です。

うどんは少しコシのある、ややツルの本場讃岐うどんです。

祖父が高松の人だったので、しばらく高松で過ごすなどした時に食べた讃岐うどんに近いものだと思いました。

こちらの讃岐うどんは、最近流行りの「コシとツルツル感」を追求したものではありません。

この前行った西ノ京の有名店「さんたく」さんは(実食レビュー)、讃岐うどんのコシとツルツル感を究極に極めたお店で、もはや讃岐うどんではなくなっていましたが、今回の「さぬきうどん中野屋」さんは本場の味がします。

最近は「コシとツルツル感」のみを強調した讃岐うどんも多いのですが本場のはそうでもないのです

最近は「コシとツルツル感」のみを強調した讃岐うどんも多いのですが本場のはそうでもないのです

出汁も美味しいものでしたが、これは京都人の舌に合うようにアレンジされていました。

普通、讃岐うどんは「イリコ出汁」なのですが、ちょっと味が違うなと確認したところ「昆布とカツオ」を使っているとのことでした。

これは15年ほど前にオープンする際、地元の方に試食をしてもらったところ・・・・

京都人にはイリコが不評だったのが理由

とおっしゃっていました。

野菜の天ぷらは100円です

野菜の天ぷらは100円です

ゲソやエビの天ぷらは140円野菜やチクワの天ぷらは100円でした。

ということで「ナスちくわ」でいただくことにします。

ナスの天ぷらも大きいもので、これもチェーンの讃岐うどん店と同じリーズナブルな価格です。

天ぷらは油の味を感じさせないもので、これは高松にいた頃に食べた天ぷらと似ていました。

私の知っている讃岐の天ぷらって、サクッとかパリッとか油が美味しいとか、そういう天ぷらではないのですが、天ぷらもやっぱりそういう味わいでした。

女将さんと少し話したところ、実は高松出身なんだそうです。

ですよね、食べてて「昔ながらの讃岐うどんっぽい」なと確かに思いました。

さぬきうどん中野屋 基本情報


さぬきうどん中野屋 さんは龍安寺駅すぐ近くです

さぬきうどん中野屋 さんは龍安寺駅すぐ近くです

さて「さぬきうどん中野屋」さんの場所ですが、ちょっとわかりづらい場所にあります。

北野白梅町駅から2駅「龍安寺駅」の北側で、徒歩3分くらいのところにお店があります。

高松出身の女将さんがつくる本格讃岐うどんのお店(ただし出汁はカツオと昆布)で、高松などで食べるウドンにかなり近い味がします。

個人的には「イリコ出汁」で食べるのがベストなのですが、小さい頃から食べている本場の讃岐うどんに近い味で美味しくいただくことができました。

京都府京都市右京区谷口垣ノ内町7−22
営業時間:9時~14時
定休日:日祝


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。