安堵の塔(ルルゲさん)@京都・嵯峨「古墳の蓋」を見に行く

今回の「京都案内」は古墳のフタで作られた安堵の塔(ルルゲさん)を嵯峨まで見に行きました。日蓮宗の題目石のことで、1314年頃に日蓮宗の龍花樹院日像聖人が置いたものです。車折神社で布教していたら他宗徒に追いかけられて、それから逃げ切った記念に作られたと言われています。

なんか興味深い経緯ですよね。

広告

京都・嵯峨「古墳の蓋」を見に行く


なんてことはない石碑ですが実は古墳のフタなんです

なんてことはない石碑ですが実は古墳のフタなんです

今回の「京都案内」は、京都市右京区嵯峨にある「古墳」の・・・・

(ふた)

を見に行きました。

見た目は普通の石碑に見えますが、これは日蓮宗の「題目石」と呼ばれるもので、もともとは古墳のフタだったものです。

安堵の塔(ルルゲさん)


京都・嵯峨の商店隣にポツンとあります

京都・嵯峨の商店隣にポツンとあります

場所は丸太町通にある「ケーヨーデイツー嵯峨店」さんの裏くらいで、そこにある元商店の建物の脇にポツンと立っている石碑です。

史跡「安堵の塔」と呼ばれるものですが「ルルゲさん」という名で親しまれています。

この石自体は「題目石(題目板碑)」と呼ばれるものですが、題目(だいもく)が書かれた石のことで、平たくいうと「南無妙法蓮華経」と刻んだ石塔(石碑)のことをそう呼んでいます。

「南無妙法蓮華経」と書かれています

「南無妙法蓮華経」と書かれています

日蓮宗では「南無妙法蓮華経」と唱えることで成仏するとされており(功徳による)、「南無妙法蓮華経」と書かれていれば日蓮宗です。

この「題目石」にも「南無妙法蓮華経」と書かれているのを見ることができます。

こういった「題目石」は3種類あるとされ、「南無妙法蓮華経」と書かれているものは「一遍主題」と呼ばれるものです。

・一遍主題(南無妙法蓮華経とのみ書かれる)
・主題両尊(題目の両脇に「多宝如来」と「釈迦牟尼仏」が配される)
・曼荼羅形式

では、この「題目石」はなぜここにあり、最初に書いた「古墳のフタだった」というのはどういう経緯なのでしょうか。

安堵の塔(ルルゲさん)は古墳のフタだった


1314年に日蓮宗の龍花樹院日像聖人が置いたとされています

1314年に日蓮宗の龍花樹院日像聖人が置いたとされています

日蓮宗は1253年に開宗されていますが、この「題目石」は1314年頃に日蓮宗の龍花樹院日像聖人が置いたものです。

最も古いとされる最古の題目石は、東京の池上本門寺にある1290年のものです。

「安堵の塔(ルルゲさん)」さんも相当古いものであると言えるでしょう。

南にある「車折神社」で布教していたら他宗徒に追っかけられて助かったから

南にある「車折神社」で布教していたら他宗徒に追っかけられて助かったから

ここに置かれた理由は、1314年に龍花樹院日像聖人が近くの車折神社で布教をしていたところ、他宗徒に追いかけられて、逃げこんだ場所が車折神社の北にある「兜塚古墳(甲塚古墳)」だったからです。

古墳の中に逃げ込んだところ、追いかけてきた宗徒をまくことが出来たので、それを感謝して古墳の蓋(ふた)に「題目」を刻んだことから始まりました。

そのため、厄災払いの功徳があるとされています。

安堵の塔(ルルゲさん)の場所


厄災払いの功徳があるとされています

厄災払いの功徳があるとされています

安堵の塔(ルルゲさん)の場所ですが、嵯峨甲塚町というところにあります。

車折神社から北に歩くと「山下植樹園」さんというのがあるのですが、その敷地内に「甲塚古墳」というのが現存しています(非公開)。

もともとはその古墳のフタだったと言われている題目石は、その北側の川のほとりに今でも残っています。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。