センボンカリー @京都・上京区の安くて旨いカレー屋さん 実食レビュー

今回の「京都案内」は、京都市上京区にあるカレー店「センボンカリー(センボンカレーではありません)」さんへ行って来ました。自家製カレールーがたっぷりと300gのライスにかかっており、それでいて600円程度からカレーを食べることができます。

同志社大学も近いこともあり「学生にやさしい」お店です。

広告

京都・上京区の安くて旨いカレー屋さん


京都の「センボンカリー」

京都の「センボンカリー」

今回の「京都案内」は、京都市上京区にある「センボンカリー」さんへ行ってきました。

同志社大学に近いので、学生さんに人気のあったお店でしたが、しばらく営業されていませんでした。

2017年4月24日に営業が再開されたのですが、それまで9か月間は体調が悪く休店状態にあったお店です。

量があって、それでいて安く、そして美味しい」というカレー屋さんです。

カレーってちょっとお高いイメージがありますが・・・・

カレーってちょっとお高いイメージがありますが・・・・

カレーは専門店なんかで食べると1000円近くなったりするのですが、お気軽なカレー店だと700円くらいかなと思います。

まぁ200円というお店もあったりしますが(原価率研究所)、センボンカリーさんも結構気軽なお値段でカレーが楽しめるお店です。

ビーフカレー 600円
牛すじカレー 700円
ハンバーグカレー 750円
ロースカツカレー 750円
ヒレカツカレー 800円
エビフライカレー 750円

今回は「エビフライカレー 750円」を食べてみることにしました。

センボンカリー 実食レビュー


エビフライカレー 750円

エビフライカレー 750円

ということで「エビフライカレー」ですが、なんと海老フライが3本入っています。

普通のカレーが600円なので、エビ3本で150円というのは比較的良心的な価格設定です。

ちなみにチェーンの「ココイチ」でさえエビフライってないのです。(厳密に言えば名古屋の東区錦通東桜店にだけあります)

ご飯の量は標準で300gです

ご飯の量は標準で300gです

ご飯の量は標準で300gと多めの設定になっています。

ちなみに松屋のカレーは「並 260g」で「大 350g」なので、松屋よりも大盛なのです。

エビフライにはタルタルソースがかかっており、キャベツが添えられていました。

自家製カレーは昭和の時代の懐かしい日本カレーの味わいです

自家製カレーは昭和の時代の懐かしい日本カレーの味わいです

カレールーは自家製です。

食べてみると、甘いというよりもスパイシーで、よくある酸味というわけではなく香ばしい感じのカレーになっています。

昭和の時代に東京の地下街で食べたスタンドのカレー店の雰囲気に似ている感じがしました。

安くて早くて旨い

そんなカレーが京都の「センボンカリー」さんです。

センボンカリー 基本情報


センボンカリー 外観

センボンカリー 外観

今は「裏風呂町」という所にあるのですが、前は「今出川駅」の近くにありました。(現在の「麺イズム はらはち」の場所)

このあたりは読めない地名とか、南北で繋がっていない「衣棚通(ころものたなどおり)」があったりする地区で、非常に道が分かりづらいエリアです。

平安京でも後から人が一気に集まって、それで必要に応じて道が出来たエリアなので、こういうことになっています。

センボンカリーさんがあるのも「新町通」沿いで、家が次々に建ったことから「新町」という名前になりました。

今出川駅から徒歩7分くらいのところです。

京都府京都市上京区裏風呂町369
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:土日祝
URL:http://senboncurry.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。