田中店(たなかみせ)@京都・京北で抜群の人気を誇るパン屋さん

今回の「京都案内」は京北で人気の高いパンを販売する「田中店(たなかみせ)」さんのパンを食べに行ってきました。「田中店(たなかみせ)」さんとは面白い屋号ですが、パンを売る店舗はなく、山の中にパン工房だけがあります。

京北では人気のパンで、京都の飲食店や京北の道の駅にのみパンを卸しているパン工房さんです。

広告

京都・京北で抜群の人気を誇るパン屋さん


田中店(たなかみせ)のパンってご存知ですか?

田中店(たなかみせ)のパンってご存知ですか?

今回の「京都案内」は、京北で人気のあるパン屋さんです。

面白い屋号で「田中店(たなかみせ)」というのですが、経営形態も面白くてパンを販売しているお店を持っていないパン屋さんなのです。

つまり、飲食店や道の駅などのショップに商品を卸しているパン屋さんで、京北にはパン工房があるだけです。

しかし「田中店のパンが一番うまい」というファンもいるパン屋さんなのです。

田中店さんのパン

田中店さんのパン

パンの種類はいくつかあり、今回は3種類ほど購入してみました。

価格は100円~170円程度です。

にぎるレーズン 100円
モッチー 150円
スイートプール・モカ 170円
カステラパン 170円

田中店(たなかみせ)のパン 実食レビュー


モッチー 150円を食べてみましょう!

モッチー 150円を食べてみましょう!

こちらが「モッチー 150円」です。

程よく焼き上げたパンなのが特徴で、非常にソフトなパンが多いと言えます。

パンは小麦粉の味が舌の奥で感じられ、噛むほど味が出るパンです。

小麦の味が楽しめるパンです

小麦の味が楽しめるパンです

自然の中で作られる材料にこだわったパンなので、たぶんマニア受けするパンです。

なんかこぉ里山や森の中で食べると似合いそうなやさしいパンですよね。

なお、田中店(たなかみせ)のパンは保存料などを使わないパンであるため消費期限が1日程度です。

田中店(たなかみせ)のパン 購入場所


ウッディ京北でも販売されています

ウッディ京北でも販売されています

さて、田中店さんのパンですが、京北まで行けば「山国さきがけセンター」さんと「道の駅ウッディ京北」さんで購入することが可能です。

人気のパンであるため「道の駅ウッディ京北」さんで買う場合は早めの方が良いでしょう。

もし、品数が少なければ車で数分の場所にある「山国さきがけセンター」さんへ行けば残っていることもあります。

山国さきがけセンター(地図
道の駅ウッディ京北(地図

田中店(たなかみせ)基本情報


京都・京北の風景

京都・京北の風景

今回紹介した「田中店(たなかみせ)」さんがあるのは、京都の京北の「山国」というエリアです。

ただし、お店ではなくパン工房だけで直接購入はできません。(予約すれば工房で受け取り可のようです)

国道162号と国道477号の交差点にある「ウッディ京北」さんと、ウッディ京北さんから東へ(国道477号)行った所にある「山国さきがけセンター」さんで購入可能です。

ちなみに、このあたりは「山国」と呼ばれ、ちょうど「ウッディ京北」の北に見える山のところが「山国」エリアです。

京都府京都市右京区京北大野町清水42
URL:https://www.tanakamise.jp/
※予約購入のみ


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。