パン・ド・キ @京都・北嵯峨でヒッソリ営業するパン屋さん

今回の「京都案内」は、京都・北嵯峨でヒッソリ営業するパン屋さん「Pain De Qui(パン・ド・キ)」さんへ行ってきました。行ってきたというか、いつも通る道にあるパン屋さんなのですが、他にお店がない住宅地の中にあります。

なんでここにパン屋さんがあるのかと思う場所にあります。

広告

京都・北嵯峨でヒッソリ営業するパン屋さん


住宅街の細い道に忽然と現れる「Pain De Qui(パン・ド・キ)」さん

住宅街の細い道に忽然と現れる「Pain De Qui(パン・ド・キ)」さん

今回の「京都案内」は、北嵯峨の裏路地でヒッソリ営業しているパン屋さんへ行ってきました。

北嵯峨の広沢池の近くなのですが、この付近はそもそもお店自体があまりありません。

そんな北嵯峨の路地裏は住宅地なのですが、その中に実はパン屋さんがあるのです。

「ゆだね食パン」がオススメのようです

「ゆだね食パン」がオススメのようです

この道は地元的に「裏道」で、地域の方が丸太町通から広沢池へ抜ける道として使われています。

かくいう我々も、この道はかなりの頻度で通りますが、その都度気になっていたのが「Pain De Qui(パン・ド・キ)」さんです。

ちょっと別件で、オーナー様にお話しを聞きたいことがあったので立ち寄ったのですが、ちょうど良いタイミングなので「クロワッサン」を食べてみました。

クロワッサンはフワッとした食感です

クロワッサンはフワッとした食感です

クロワッサンはフワッとした食感で、バターの香りがよく出ているものでした。

やや柔らかい感じのクロワッサンで、サクッというよりもフワッという方がわかりやすいかもしれません。

ポロポロ崩れないので食べやすいクロワッサンでしたよ。

Pain De Qui(パン・ド・キ)基本情報


Pain De Qui(パン・ド・キ)外観

Pain De Qui(パン・ド・キ)外観

さて、Pain De Qui(パン・ド・キ)さんですがイートインもあり、コーヒーやエスプレッソも飲むことができます。

店主さんは30歳代後半からアラフォーくらいの方で、お店はパン屋さんにしては余裕のある造りになっていました。

広沢池からも近く、他にお店はないので立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

京都府京都市右京区嵯峨広沢池下町76
営業時間:
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。