任天堂の新社屋を撮影してきました

Sponsored Link


2014-07-31_133314

建物としては「任天堂 本社開発棟」です。研究開発拠点として、部署がここに集結しています。新設された「開発統合本部」もここにあります。

「開発統合本部」は家庭用ゲーム機と携帯型ゲーム機の開発部署を統合した新部署です。

なにはともあれ、2010年以来続くあの社内体質を変革しないとどうにもならないので、こういう取組は良いような気もします。

場所は「油小路通り」に面した、近鉄京都線の十条駅のはす向かいです。
本社とは敷地的につながっており、本社の北西部分にできました。

2014年に出来て、地上7階建て、延べ床面積5万㎡と、本社ビルを上回る規模です。
4万㎡の広大な敷地には起伏ある緑地も整備されました。

任天堂は4年連続で営業利益が赤字続きです。あれからなにも変えることが出来ず、このありさまですが、潰れないところが凄いです。

見た目は本社に比べて、窓が少し大きいくらいの違いしか判りません。

2014-07-31_133632

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。