祇園祭の時期は京都から「万願寺とうがらし」が消えるらしい

今回の「京都案内」は、京野菜の代名詞「万願寺とうがらし」です。初夏になると出回ってくる京都のブランド野菜ですが、一袋300円程度でどこでも買えるのが京都です。しかし、7月に入ると「万願寺とうがらし」が消えるらしいのです。

なぜ「万願寺とうがらし」が消えるのか?

どうやら「祇園祭」と関係があるようですよ。

広告

夏の京都のある時期に「万願寺とうがらし」が消えるらしい


夏の京都のある時期に「万願寺とうがらし」が消えるらしい

夏の京都のある時期に「万願寺とうがらし」が消えるらしい

今の時期、京野菜で一番有名なものといえば「万願寺とうがらし(万願寺甘唐)」です。

初夏になると京都で見かけるブランド野菜で、京野菜の専門店はもちろん普通のスーパーでも売られるポピュラーな野菜です。

その「万願寺とうがらし」について八百屋さんと話していたところ、面白い話を聞くことができました。

初夏になると京都で見かける万願寺とうがらし(万願寺甘唐)

初夏になると京都で見かける万願寺とうがらし(万願寺甘唐)

この「万願寺とうがらし」なのですが、7月1日から始まる「祇園祭(ぎおんまつり)」(本番は7月17日と24日)になると、京都の八百屋から姿を消すというのです。

6月下旬くらいは、まだまだ「万願寺とうがらし」は売られていますが、祇園祭になると「万願寺とうがらし」がある場所に集まって、他の地域では見られることが少なくなると言います。

では、それはなぜなのでしょうか?

万願寺とうがらしは祇園祭に来る観光客に売られる


夏の京都といえば「祇園祭」で観光客が集まります

夏の京都といえば「祇園祭」で観光客が集まります

毎年7月になると、京都は「祇園祭」一色になります。

観光客も、四条や河原町にばっかり集中するのですが、地元のサラリーマンもいる烏丸などでも夜は歩行者天国になって露店が出たりするほど賑わいます。

そうです。

この時期、祇園・四条には観光客が集まるので、京料理のお店やお土産屋さんなどが京野菜「万願寺とうがらし」を売るため買い占めるのです。

祇園祭の時期は京都から「万願寺とうがらし」が消える


万願寺とうがらし

万願寺とうがらし

八百屋さん 「祇園祭の時期は市場で万願寺甘唐が入手できないんだな!( º言º)」

祇園・四条には京料理のお店がたくさんありますが、夏の時期になると「万願寺とうがらし」は料理に当然使われています。

京野菜の代名詞というレベルで有名な野菜だからです。

ぶっちゃけいうと、地元ではあまり食べないのですが、観光で来ると地元の名産品を食べたいのでしょう。

祇園祭の時期は、万願寺とうがらしは祇園や四条で3倍くらいのお値段で売れるので、そちらに商品が回ってしまうため普通に入手するのが難しくなるということでした。(通常は一袋300円くらい)


今回の「京都案内」は、京都らしい「万願寺とうがらし」の食べ方です。京都では「万願寺とうがらし」の料理(調理)といえば焼いて醤油で食べるのが普通です。料理屋さんでも「万願寺とうがらしの焼き浸し」が出てくることがありますね。



今回の「京都案内」は京北で購入できる「万願寺とうがらし(万願寺甘とう)」の話です。京都だったらどこでも購入可能な「万願寺とうがらし」ですが、万願寺由来のものは舞鶴市内および隣接する限られた地域の農家さんでのみ生産されています。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。