京都・御園橋に幻の絵!近隣小学生の絵が橋の思い出に

京都・御園橋に小学生の絵が描かれているというので見に行って来ました。絵は近隣の3つの小学校の児童が描いたもので、7月初旬のアスファルト舗装工事で見られなくなると言います。

まさに幻の絵で、埋めてしまうともう見ることができないので見に行って来ました。

広告

京都・御園橋に小学生の絵


京都市北区にある拡張工事中の「御園橋」

京都市北区にある拡張工事中の「御園橋」

京都市北区にある「御園橋」は数日に1度は通る交通の要所ですが、拡張工事中でここしばらくはずっと工事中です。

今年の1月24日、すでに御園橋が2倍の大きさになる拡張工事をしていると記事にしていますが(過去記事へ)、今回はその工事中の道路に描かれた小学生の絵を見に行ってみました。

絵は6月27日に完成して、御園橋周辺の3小学校の児童がみんなで描いた絵となっています。

・大宮小学校
・上賀茂小学校
・柊野小学校

ただし見られない御園橋の絵


人力ドローンで撮影

人力ドローンで撮影

しかし、このせっかくの力作も人知れずアスファルトに埋もれる運命にあります。

また、公開されることもなく、工事の覆いの中にあるので、まともに見ることもできません。

絵がきちんと上手に音符や風景のようなものが描かれているのが、少しだけ見ることができました。

絵は鴨川と船山のようです

絵は鴨川と船山のようです

この絵は、6月27日に参加した小学生などにお披露目された後は、7月上旬のアスファルト舗装工事で埋められるとのことです。

子供たちの努力は記憶には残るかもしれませんが、40年後くらいに覚えている人は少ないでしょう。

せめて、欄干に書くとか、壁面に書くとか、なんか残せるような形にすれば、何十年後に通っても「あぁ、これは自分が描いた絵なんだな」と思い出せるのですが、埋められてしまうのは何かもったいない気がしました。

京都府京都市北区上賀茂御薗口町


京都の上賀茂神社前にある鴨川の御園橋が拡大工事をしています。現在は2車線ですが、平成30~31年頃には4車線と倍の広さになるとされています。万年渋滞の場所であり、歩道も狭いため橋の拡大は地元に利益をもたらすでしょう。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。