京都は山椒文化!関西食材「さんしょ」を使った京都グルメ

今回の「京都案内」は、京都の「山椒文化」についてです。京都独特のグルメ文化といえば「山椒を使う料理」が多いという点なのですが、実はこれはまだあまり知られているとは言えません。そこで、京都で食べることができる山椒を使った食べ物やスイーツなどを紹介したいと思います。

紹介するのは、山椒がかかっている「鳥岩樓の親子丼」や、山椒のスイーツ「山椒もち」など京都の山椒グルメです。

広告

京都は山椒文化


京都では山椒で食べるグルメが目立ちます

京都では山椒で食べるグルメが目立ちます

京都では、ひとつの特徴的な食材をよく見かけます。

その食材とは・・・・

山椒(さんしょ、さんしょう)

です。

山椒(左)と七味(右)は京都では卓上調味料でよく見かけます

山椒(左)と七味(右)は京都では卓上調味料でよく見かけます

関東でも「鰻重」には使いますが、京都では「親子丼カツ丼衣笠丼」などには必ずといっていいほど山椒がかかっています。

京都旅行に来て「親子丼を食べたら山椒がかかっていた」と不思議がる観光客の方もいらっしゃるくらい珍しいのが「京都の山椒文化」なのです。

関西食材「山椒」を使った京都グルメ


親子丼にかかった山椒(西陣・鳥岩樓)

親子丼にかかった山椒(西陣・鳥岩樓)

京都以外の地域ではあまり見ないのが「山椒文化」で、京都では食事をしていると「山椒」が普通にかかっている食べ物があったりします。

有名なのは「ちりめん山椒」なんかですが、親子丼やラーメンにかかっていたりもします。

・親子丼(かつ丼、衣笠丼)
・山椒もち(さんしょ餅)
・鞍馬山らーめん
・ちりめん山椒

特に「親子丼」ではほぼ使われていると考えていただいて問題ありません。

東京では「親子丼に山椒をかける」ということは、まずなかったので当初は珍しく思ったものです。

鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっている)


鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっています)

鳥岩樓の親子丼(山椒がかかっています)

京都で一番よく見る「山椒グルメ」といえば「親子丼」です。

写真は京都・西陣にある超人気店「鳥岩樓(とりいわろう)」さんの名物・親子丼(900円)です。

平日でも12時オープンから外国人観光客が行列をつくるお店ですが、味は普通においしいかなという感じです。

京都では他のお店でも親子丼は見かけるのですが、ほぼ山椒がかかっていると思って間違いありません。

京都府京都市上京区五辻町75
営業時間:12時~14時(親子丼は昼のみ)
定休日:木曜


今回の「京都案内」は、西陣にある名物「親子丼」、鳥岩樓(とりいわろう)さんのランチ「親子丼」を食べに行って来ました。普段から行列のできるお店で、京都旅行の雑誌などでも紹介される老舗の料理店です。ランチ時のみ「親子丼」が900円で提供されています。


俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)


爽やかな味わい「俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)」

爽やかな味わい「俵屋吉富の山椒もち(さんしょ餅)」

こちらは珍しい「さんしょ餅 756円」という京都スイーツです。

京都・上立売「俵屋吉富」さんの名物で山椒を使ったお餅です。

ほんのりと山椒の香りがする爽やかな味わいの和菓子で、夏向けのお茶請けにピッタリだと思いました。

私はこれが大好きなのですが、まだそんなに知られていない京都スイーツでもあります。

京都府京都市上京区室町頭町
営業時間:8時~17時
定休日:日曜
URL:http://www.kyogashi.co.jp/


今回の「京都案内」は夏にぴったりな山椒の餅です。京都中に売店がある老舗和菓子店「俵屋吉富」さんの名菓で「さんしょ餅」という爽やかな香りの夏のスイーツを実食レビューします。


鞍馬山らーめん(山椒を使ったラーメン)


ラーメンマニアも知らない「鞍馬山らーめん」

ラーメンマニアも知らない「鞍馬山らーめん」

実は京都には「山椒をつかったラーメン」というのがあります。

これは京都のラーメンマニアでもあまり知らない「鞍馬山らーめん 650円」という京都ラーメンです。

特徴は「山椒がかかっている」ことで、ピリ辛なラーメンになっています。

これは京都の鞍馬でしか食べることができないラーメンなんです。

京都府京都市左京区鞍馬本町
営業時間:9:30~17時
定休日:不定休


鞍馬山ラーメンを食べてきました。鞍馬山(鞍馬寺)の岸本柳蔵老舗さんという食事処兼おみやげ屋さんにある個性的なラーメンで「鞍馬山らーめん」という名前で提供されているのです。実はこれ、とある個性的な味のするラーメンなのです!


京都の山椒 まとめ


ちりめん山椒など、京都では山椒グルメが豊富です

ちりめん山椒など、京都では山椒グルメが豊富です

この「山椒」ですが、最近ではフランスのパリなどで新しい食材としてフランス料理でも使われ始めています。

山椒は関西の食材と言われ、産地は「和歌山」などが有名です。

京都では「大原」などで生産されており、京都市内のスーパーでも普通に「山椒の実」や「山椒の葉(木の芽)」が売られています。

京都では普通にスーパーでも売られています(写真は、山椒の葉=木の芽)

京都では普通にスーパーでも売られています(写真は、山椒の葉=木の芽)

このスーパーで売っているというのは、かなり関西らしい風景だと言えます。(東京ではあまり見ないです)

旬は梅雨前からで、今の時期なら東京でも一部売っているかなと思います。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。