皐盧庵茶舗 @京都・大徳寺「お濃茶ソフトクリーム」実食レビュー

京都の大徳寺には土日限定40食濃厚抹茶ソフトクリームがあるんです。お抹茶専門店「皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」さんで500円で販売されている「お濃茶ソフトクリーム」で、宇治抹茶を減農・無農薬で自家栽培して材料に使っています。

今回の「京都案内」はこの幻の「お濃茶ソフトクリーム」を実食レビューします。

広告

皐盧庵茶舗「抹茶のソフトクリーム」


京都の大徳寺に土日限定「抹茶ソフトクリーム」があるらしい

京都の大徳寺に土日限定「抹茶ソフトクリーム」があるらしい

京都市北区の大徳寺境内にある「皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」さんで「抹茶のソフトクリーム」を食べてきました。

こちらはなんと自家製抹茶減農無農薬で栽培しているこだわりのお抹茶屋さんなのですが、そこで土日限定40食だけ「お濃茶ソフトクリーム」を販売しているのです。

皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」さんは、まだあまり知られていないお店で「お濃茶ソフトクリーム」もネットにも情報が少ないのですが、地元の噂を聞きつけてさっそく食べに行ってきましたので実食レビューします。

皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)について


皐盧庵茶舗さんは茶室でお抹茶をいただける専門店です

皐盧庵茶舗さんは茶室でお抹茶をいただける専門店です

京都の大徳寺境内にある「皐盧庵茶舗」さんは、茶室でお抹茶をいただける抹茶の専門店です。

立派な町家の建物には茶室があって、1200円~3240円でお点してもらえる本格的なお店です。

宇治抹茶以外にも紅茶もあったりします。

お茶を点ててくれる専門店です

お茶を点ててくれる専門店です

当日も茶室で抹茶を楽しむご婦人の団体さんが来店されていました。

大徳寺には有料ですが大きな駐車場もあるし、近隣には大徳寺名物などを売る土産屋さんも多いのですが観光客は少ないので穴場的な観光名所でもあります。

では、実際に「お濃茶ソフトクリーム」を食べてみましょう!

お濃茶ソフトクリーム 実食レビュー


これが噂の「お濃茶ソフトクリーム」500円です

これが噂の「お濃茶ソフトクリーム」500円です

こちらが噂の「お濃茶ソフトクリーム」です。

皐盧庵茶舗さんは宇治に抹茶畑を持っていて、先日までは茶摘みのために長期休業していたのですが、ちょうど今は旬の抹茶をいただける時期です。

その抹茶を使って濃厚な抹茶ソフトクリームにしたのが「お濃茶ソフトクリーム」です。

ソフトクリームはテイクアウト用なのでお外でいただきます

ソフトクリームはテイクアウト用なのでお外でいただきます

この「お濃茶ソフトクリーム」だけテイクアウト専用なので、外で座っていただきました。

大徳寺を歩きながら食べるのも良いと思います。

濃厚で甘さひかえめな上品のお味

濃厚で甘さひかえめな上品のお味

味は甘さひかえめで乳脂肪分よりもお抹茶の味わいが力強く感じられるものになっていました。

濃厚な抹茶ソフトクリームですが余計なものが一切入っていない味わいです。

大人の味わいというべき抹茶ソフトクリームでしたよ。

皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)基本情報


皐盧庵茶舗は火曜と水曜が連休で抹茶ソフトは土日限定です

皐盧庵茶舗は火曜と水曜が連休で抹茶ソフトは土日限定です

皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)さんの場所ですが、大徳寺に至る細い路地の先にあるので少しわかりづらい場所にあります。

でも名所「高桐院」のすぐ手前にあるお店といえばすぐにたどり着けると思います。(高桐院は2017年6月9日~10月末日までお休み)

自家用車の場合は大徳寺の有料駐車場に停めて行ってください。一応、お店の前までは北大路通の「建勲神社前」交差点から船岡東通を北にあがれば車で店頭まで行けます。

皐盧庵茶舗 内観(掲載許可済)

皐盧庵茶舗 内観(掲載許可済)

京都府京都市北区紫野大徳寺町17−1
営業時間:9時~日没
定休日:火曜・水曜
URL:http://kouroan.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。