古都香 みたらし団子 @京都・出町柳のフルーティー甘辛だんご 実食レビュー

嵐にしやがれ』でも紹介された京都・出町柳の「古都香(ことか)」さんで、究極のみたらし団子を食べてきました。1本200円で大きな団子には、甘辛でありながら独特の酸味というかフルーティーなタレがたっぷりかかっており、驚くほどの美味しさです。

今回はこの「古都香」さんのみたらし団子を実食レビューします。

広告

『嵐にしやがれ』でも紹介された古都香


『嵐にしやがれ』でも紹介された究極のみたらし団子

『嵐にしやがれ』でも紹介された究極のみたらし団子

2017年1月28日放送『嵐にしやがれ』で紹介された京都の「古都香」さんで、みたらし団子(200円)を食べてきました。

普通は『嵐にしやがれ』で紹介されれば連日の大行列ですが、日曜お昼でも特に行列もなく混雑していませんでした。

川向こうの和菓子「出町ふたば」さんは地元のお年寄りで盛況ですが、出町柳・下鴨神社エリアなので若い子はここまでは来ないのかもしれません。

京都で食べた「みたらし団子」では一番かもしれない美味しさです

京都で食べた「みたらし団子」では一番かもしれない美味しさです

しかし、このお店は京都で食べた「みたらし団子」の中でもトップレベルの美味しさを誇るお店なのです。

わざわざ食べに行って損はありません。

ということで、さっそく隣りの鴨川で食べてみることにしました。

究極のみたらし団子 実食レビュー


2本で400円で大きめのみたらし団子です

2本で400円で大きめのみたらし団子です

お天気も良かったので、鴨川で団子を食べることにしました。

1本200円は他店よりも少し高い価格設定ですが、その分大きさがあり食べごたえがあります。

団子は近江米100%使用と書かれており、オコゲを感じさせない程度に焼き上げた団子になっていました。

しかし、一番の特徴は「秘伝のタレ」でしょう。

最大の特徴は「秘伝のタレ」


甘く、フルーティーな醤油の香りがおいしいです

甘く、フルーティーな醤油の香りがおいしいです

普通のみたらし団子は甘辛の醤油タレですが、この「古都香」さんの秘伝のタレは別次元の美味しさです。

食べてみると、今まで味わったことのない独特でフルーティーな味(酸味?)がするのです。

醤油の味や甘味が先にたつのではなく、フルーティーさが際立っており、後から甘味を感じます。

そのため、クドさがない「みたらし団子」になっていて何本でも食べられるなと思いました。

古都香(ことか)基本情報


京都・出町柳駅近く「古都香」さん

京都・出町柳駅近く「古都香」さん

古都香(ことか)さんの場所は「出町柳駅」で、鴨川沿いにお店があります。

京都を食べ歩いていると、何度となく通ってしまうお店が出てきます。

この「古都香(ことか)」さんもリピートするほどの美味しさで、「出町柳駅」へ行く際には必ず寄ってしまうお店になりそうです。

土日祝は「テイクアウト」専門ですが、月・水木金曜日は店内で食べることもできます。

京都府京都市左京区田中下柳町17
営業時間:10:30~18時
定休日:火曜・第2第4水曜
URL:http://www.kyoto-kotoka.com/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。