いかりライクス常盤店(いかりスーパー)@京都が移転リニューアルオープン

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)さんが5月26日に移転してリニューアルオープンすることになっています。すでに嵐電「常盤駅」横の店舗は5月14日で閉店し、西に300メートル離れた場所に新店舗ができていました。

ここでしか売っていないものとかあるのでオープンが待ち遠しいです。

広告

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)@京都が移転


「いかりライクス常盤店」に服部の豆腐を買いに行ったら閉店してたのん!

「いかりライクス常盤店」に服部の豆腐を買いに行ったら閉店してたのん!

いかりスーパー」といえば兵庫あたりのマダム御用達の高級スーパーです。

実は京都にも目立たないけど「いかりライクス」という名前でスーパーが2店舗存在しており、常盤修学院にお店があります。

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)旧店舗

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)旧店舗

ご存じない方もいらっしゃると思いますが、嵐電「常盤駅」のすぐ真横にあるスーパーで、そこそこ大きい駅前のスーパーです。

駐車場は裏のマンションに大きいのがあるため、そのためかあまり利用されていたとは言い難いスーパーでもありました。

その「いかりライクス常盤店」が、2017年5月14日に営業を終了し、西に300メートルほど離れた場所に移転リニューアルオープンをするというので見に行ってきました。

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)@京都がリニューアルオープン


いかりライクス常盤店(いかりスーパー)新店舗

いかりライクス常盤店(いかりスーパー)新店舗

ということで、少し離れた「丸太町通」沿いで、マクドナルドの隣に移転した「いかりライクス常盤店」さんの新店舗です。

従来の店舗よりも気持ち大きくなっており、車で通っても目立つスーパーに様変わりしていました。

もちろん、念願の目の前駐車場も完備してあります。

この「いかりスーパー」さんなのですが、京都・南禅寺豆腐屋「服部」さんのお豆腐が買えるのがこのお店くらいで重宝するのです。

常盤駅前よりも、バイクで寄りやすい立地になったので、これからも立ち寄りそうなスーパーです。

いかりライクス常盤店 基本情報

いかりライクス常盤店 外観

いかりライクス常盤店 外観

さて、いかりライクス常盤店さんの新店の場所ですが、常盤から嵐山方面に「丸太町通」を走っていると北側道沿いにあります。

ケンタッキーとかマクドがすぐ近くで、最寄駅も嵐電「常盤駅」で変わりありません。

駅前で歩き客にボチボチ使われるお店よりも、少し遠方から自家用車などで特定商品を買いに来る客層を取り込んだ方が良いと思いますし、今回の移転は英断だと思われました。

プレオープン(招待客)の風景

プレオープン(招待客)の風景

京都府京都市右京区太秦京ノ道町10−3
営業時間:10時~21時
定休日:
URL:https://www.ikarisuper.com/author/tokiwa/

いかりライクス常盤店 5月26日オープン時の様子


いかりライクス常盤店 5月26日オープン時の様子

いかりライクス常盤店 5月26日オープン時の様子

ということで、5月26日オープンに行ってきました。

大きいスーパーではないのですが、近隣のマダム・ミセスがかなり来店しており盛況のようです。

品揃えはブランド食材が多く、全国から価値ある商品を選んで並べてあるという印象です。

京都・服部さんの高級豆腐やテレビで紹介されたお好み焼き「このみちゃん」

京都・服部さんの高級豆腐やテレビで紹介されたお好み焼き「このみちゃん」

京都・服部さんの高級豆腐を扱っているなど、品揃えはなかなかのものですが、有名な全国ご当地ブランド商品などはありませんでした。

ただ、テレビで紹介されたお好み焼き「このみちゃん」はありました。

価格帯は普通のスーパーの倍近い値段の商品が多いので、ちょっと買うと結構なお値段になりました。

紙バッグがおしゃれ

紙バッグがおしゃれ


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。