ハチのとまと「京都地野菜 鳥羽唐柿」がもうすぐ旬に!実食レビュー

今回の「京都案内」は京都の地場野菜「鳥羽唐柿」を紹介します。「唐柿(とうし)」とは聞きなれない言葉ですが、実は「トマト」のことです。今回はハチによる自然受粉と京伏水(ミネラルウォーター)で育ったハチのとまと「京都地野菜 鳥羽唐柿」を実食レビューします。

トマトくささがなくジューシーな甘いトマトでした。

広告

京都地野菜 鳥羽唐柿 6月が旬


京都地野菜 鳥羽唐柿 が出回っていました

京都地野菜 鳥羽唐柿 が出回っていました

今回の「京都案内」は、京都地場のお野菜を紹介します。

春先は冬焼けなどでお野菜が高騰し、野菜の種類も少ない期間が続きましたが、梅雨の時期になると旬になるお野菜があります。

京都地野菜 鳥羽唐柿」です。

「唐柿」は「とうし」と読み、わかりやすくいうと「トマト」のことです。

今回は鳥羽伏見で栽培されているトマトで、ハチによる自然受粉で育ったハチのとまと「京都地野菜 鳥羽唐柿」を実食レビューします。

ハチのとまと(鳥羽唐柿)とは


ハチのとまと(鳥羽唐柿)は甘いトマトです

ハチのとまと(鳥羽唐柿)は甘いトマトです

ハチのとまと(鳥羽唐柿)は京都の鳥羽で栽培されている地場野菜で、人工授粉ではなく自然のハチによる受粉で育ったトマトです。

自然受粉がハチの作業で行われる場合、ハチは受粉する花を選別するのですが、そうすることでトマトにストレスがかからない範囲でトマトが育つとされています。

栽培のための水も「京伏水」という伏見の酒蔵で使われるミネラル天然水を使って、ジューシーで甘いトマトになっていました。

味は、トマトくささがなく「フルーツトマト」のようになっており、そのままジューサーでトマトジュースが作れるようになっています。(実際にカクテルバーなどに卸しているそうです)

大きさはやや小ぶりで、お値段は一皿300円程度となっています。

鳥羽唐柿(ハチのとまと)まとめ


ハチによる受粉だと野菜にストレスがかからないとされます

ハチによる受粉だと野菜にストレスがかからないとされます

・京都の鳥羽で栽培されている京地野菜
・マルハナ蜂による自然受粉
・ハチが花を選別するので野菜にストレスがないとされる
・甘くてジューシー
・京伏水というミネラル天然水で育つ

ハチのとまと「京都地野菜 鳥羽唐柿」入手方法


京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

では、このハチのとまと「京都地野菜 鳥羽唐柿」を買いたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

入手は京都の仁和寺近くにある「八百屋よしむら」さんで入手可能です。

京野菜のプロショップで、旬の京野菜を多く扱っているお店です。

楽天でも「八百屋よしむら(みやびのふる里)」というショップを出しており、京野菜を扱っていますので、一度のぞいてみると面白いですよ。

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~19時
定休日:日祝
公式サイト:八百屋よしむら(みやびのふる里)
Twitter:https://twitter.com/miyabinofurusat


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。