絶望シュウマイ工場 @京都・西陣 シュウマイ弁当のお店オープン

2017年5月13日に京都の千本今出川を上がったところにシュウマイ弁当専門店「絶望シュウマイ工場」さんが新店オープンしました。ボリューム満点のお弁当が500円程度でテイクアウトできるお店です。シュウマイは5cmのジャンボシュウマイになっています。

ということで、今回はこの「絶望シュウマイ工場」さんのシュウマイ弁当を実食レビューします。

広告

京都に「絶望」というシュウマイ弁当専門店がオープン


絶望という名のシュウマイ工場

絶望という名のシュウマイ工場

2017年5月13日京都の北野天満宮から少し歩いた千本通「絶望」という名前のシュウマイ工場が新店オープンしていました。

テイクアウトのお弁当屋さんで、シュウマイ弁当を購入することができます。

シュウマイ弁当は480円~(税抜)で、大きなシュウマイ3個に大盛無料のごはんのお弁当になっていて、量はかなり多いお弁当になっていました。

絶望シュウマイ工場 メニューと値段


絶望シュウマイ工場 メニュー

絶望シュウマイ工場 メニュー

シュウマイはチーズニラなどいくつか種類があり、3個で380円~となっていました。

これに+100円で野菜と大盛ごはんが付いたお弁当にできるので、実質的に500円ちょっと(税込)でシュウマイ弁当が購入可能となっています。

特製シュウマイ 3個 380円
チーズシュウマイ 3個 390円
チーズハラペーニョシュウマイ 3個 400円
ねぎ塩シュウマイ 3個 390円
ニラシュウマイ 3個 390円
コーンシュウマイ 3個 390円
各シュウマイ+100円でお弁当

ということで、さっそく「シュウマイ弁当」を買って食べてみましたので実食レビューします。

シュウマイ弁当 実食レビュー


シュウマイ弁当 518円(通常は3個です)

シュウマイ弁当 518円(通常は3個です)

こちらが「シュウマイ弁当」です。

通常は3個入り税込み518円ですが、お腹ぺこぺこということもあり4個入り+大盛のカスタマイズです。

シュウマイはお肉がたっぷり詰まったシュウマイになっており、少し甘味のある美味しいシュウマイに仕上がっていました。

ニンジン・キャベツ・パセリなど野菜も多めでした

ニンジン・キャベツ・パセリなど野菜も多めでした

お弁当には「ニンジンキャベツパセリ」など野菜も結構入っていました。

大きいシュウマイ3個で単品380円(税抜)は、お酒のオツマミとかにも良いですね。

ごはん大盛無料でお腹もいっぱいになりました

ごはん大盛無料でお腹もいっぱいになりました

ライスはゴマがかかっており、今回は無料の大盛にしたので食べごたえがありました。

ごはんは松屋大盛より多い量で、シュウマイは5センチ近くもある巨大シュウマイなので、かなりお腹がふくれます。

こちらの「絶望シュウマイ工場」さんは、ボリュームのあるお弁当屋さんと言えるでしょう。

絶望シュウマイ工場

絶望シュウマイ工場 外観

絶望シュウマイ工場 外観

絶望シュウマイ工場さんの場所ですが、千本今出川を上がったところにあります。

元々は「丼丸」さんがあった場所ですが、移転してしまってしばらく空きテナントになっていました。

オープンは2017年5月13日なので、昨日オープンしたばかりです。

ボリューム満点なので、お近くの方はぜひ食べてみてください。

京都府京都市上京区上善寺町91
営業時間:11時~14時、17時~21時(土日祝は通し営業)
TEL:075-431-6815
定休日:不定休
Twitter:https://twitter.com/lZQrneYcVnfZJO4


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。