京都の「うどん」の種類と違いがよくわかる写真まとめ

今回の「京都案内」は、とかく分かりづらい京都の一風変わった「うどん」メニューのお話です。京都では「きつね」は甘くないし、「たぬき」は刻み油揚げの餡かけだったりします。また「衣笠(きぬがさ)」とか「しっぽくのっぺい」に「花まき」など聞きなれないメニューがあります。

今回はそれを写真で分かりやすく見比べてみましょう。

広告

京都の一風変わった「うどん」メニュー


京都には一風変わった「うどん」メニューがある(太秦 きくや)

京都には一風変わった「うどん」メニューがある(太秦 きくや)

京都に生まれて住んでいるなら違和感はないものの、京都以外からやって来た方には違和感があるのが・・・・

うどん」メニューです。

関西でよく見かける「麺類丼物定食」一式の麺類一式な大衆食堂で見かけるやつです。

うっかりさっぱり分からないメニュー

うっかりさっぱり分からないメニュー

しかし、お店に入ってみると・・・・

メニューには聞きなれない名前が並んでいます。

きつね(油揚げきざみ・ねぎ、「きざみ」となっている場合もある)
たぬき(油揚げきざみのあんかけ)
甘ぎつね(甘い油揚げ、「きつね」となっている場合もある)
きぬがさ(甘ぎつねの玉子とじ)
玉とじ(玉子とじ)
けいらん(あんかけ玉子とじ)
しっぽく(しいたけ・かまぼこ・湯葉・ほうれん草)
のっぺい(しっぽくのあんかけ)
おかめ(五目)
花まき(焼き海苔・ほうれん草・わさび)

きつね・たぬき・甘ぎつね・きざみ


京都で「きつね」というと刻んだ油揚げのうどんです

京都で「きつね」というと刻んだ油揚げのうどんです

一般的には「きつね」は大きな油揚げが乗ったうどんですが、関西・大阪では「きつねそば」のことを「たぬき」と呼んでいます。

しかし、京都ではさらに違います。

きつね(油揚げきざみ・ねぎ、「きざみ」となっている場合もある)
たぬき(油揚げきざみのあんかけ、大阪では「きつねそば」のこと)
甘ぎつね(甘い油揚げ、普通に「きつね」となっている場合もある)

京都では「きつね・きざみ」と呼ばれ、その餡かけを「たぬき」と言います

京都では「きつね・きざみ」と呼ばれ、その餡かけを「たぬき」と言います

京都で普通に「きつね」といえば「甘くない油揚げきざみ」がトッピングされています。

そして「たぬき」は、餡かけに「油揚げきざみ」がトッピングされています。

一般的な関東の「きつね」は、京都では「甘ぎつね」と呼ばれ区別されていて、甘い油揚げが入ったものです。

ただし、京都の老舗でも「甘ぎつね=きつね」と表記しているお店はあります。その場合、京都のきつねは「きざみ」と書かれている場合もあります。

※太秦「きくや」さんにて撮影地図

きぬがさ(きつねとじ)


きぬがさ(きつねとじ)

きぬがさ(きつねとじ)

さて、かなりややこしい「きつねたぬき」の種類から始まりましたが、ここで「きぬがさ(衣笠)」という種類のうどんもあります。

これは「きつねとじ」とも呼ばれ、ここでも「きつね」が出てきますが、どう違うのでしょうか。

きぬがさ(甘ぎつねに玉子をとじたもの)

実は、甘ぎつねに玉子をとじたものを「きぬがさ」というのです。

写真は「きざみ」の刻み方より少し大きめで、甘い油揚げが玉子とじになったものです。

なお、上の写真のものは「海苔九条ネギ山椒」も入っています。

※太秦「きくや」さんにて撮影地図

玉とじ・けいらん

「けいらん」は餡かけ玉子とじのことです

「けいらん」は餡かけ玉子とじのことです

京都の麺類一式のお店に行くと、だいたいあるのが「けいらん」です。

京都の方だと「けいらんうどん」は結構身近で、京都うどんらしさを感じるのではないでしょうか。

玉とじ(玉子とじ)
けいらん(あんかけ玉子とじ)

玉子とじ」と「けいらん」の2種類ありますが、これは後者が餡かけうどんのことです。

地元では、この「けいらん」を食べている地元のお客さんを結構見かけ、私もこれが一番お気に入りです。

※七条通「力餅食堂」さんにて撮影地図

しっぽく・のっぺい


しっぽく

しっぽく

京都では「しっぽく」というトッピングに「しいたけかまぼこ湯葉ほうれん草」などが乗ったものがあります。

それが餡かけになると「のっぺい」となります。

※太秦「きくや」さんにて撮影

のっぺい(あんかけ)

のっぺい(あんかけ)

しっぽく(しいたけ・かまぼこ・湯葉・ほうれん草)
のっぺい(しっぽくのあんかけ)

ぱっと見は「おかめ」や「五目うどん」に似たものですが、シイタケと湯葉が入っているのが特徴的です。

※わら天神「大力餅」さんにて撮影地図)→ 2017年8月に閉店確認済

おかめ(五目)


おかめ(五目)

おかめ(五目)

おかめ」は京都でも稀に見かけるのですが、京都のものではないため、扱うお店は少ないようです。

おかめ」はトッピングに「ナルトかまぼこわかめ鶏肉ほうれん草しいたけうずら卵」などが乗ったものです。

いわゆる「五目」と呼ばれるものと同じで、東京が発祥とされています。

「しっぽく・のっぺい」と似ていますが別のものです。

おかめ(五目)
東京が発祥
京都でも見かける
鶏肉やうずら玉子が使われている

※太子道「招福亭支店」さんで撮影地図

花まき


花まき

花まき

京うどんの中でも、あまり聞かないのが「花まき」です。

花まきとは「焼き海苔ほうれん草わさび」が入ったもので、トッピングがお茶漬けに似たものになっています。

京都の上七軒界隈で食べられているもので、飲んだ後の「お茶漬け」のような感覚で食べられていたそうです。

花まき(焼き海苔・ほうれん草・わさび)
上七軒が発祥
お茶漬けを模したもの

※上七軒「ふた葉」さんにて撮影地図

京都の「うどん」の種類 まとめ


甘い油揚げは「甘ぎつね」といいます

甘い油揚げは「甘ぎつね」といいます

ということで、京都の分かりづらい「うどん」の種類を写真でまとめてみました。

分かりづらいのは特に「きつね・たぬき」のところです。

きつね」は甘くない油揚げを細かく刻んだものが入っており、それを餡かけとじになると「たぬき」です。

甘い油揚げは「甘ぎつね」と言い、それを玉子でとじると「きぬがさ」です。

あんかけ(あんかけ素うどん)
五目あんかけ
他人(牛とじ)
天ぷらとじ
ハイカラ(天かす・ネギ・花かつお・細かまぼこ・海苔)

他にも「他人」は牛とじであったり、「ハイカラ」というメニューのあるお店もあります。

京都には「麺類一式」と書かれた大衆食堂がたくさんありますが、そういったお店で食べることができます。

修学旅行の際に、中学生や高校生の社会見学のテーマなどで扱うと面白いテーマだと思いますよ。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。