いさら井 @京都・太秦にある飛鳥時代からある井戸

今回は地元の太秦広隆寺(京都)に行ってきました。しかし、京都最古のお寺である広隆寺は写真撮影禁止ということだったので、すぐ近くの「いさら井」を見に行きました。「いさら井」は日ユ同祖論の根拠とされている井戸でもあります。

日ユ同祖論はかなりマユツバな話ですが「いさら井」は広隆寺ができた頃からあるとされる古い井戸です。

京都・太秦にある飛鳥時代からある井戸「いさら井」


いさら井(太秦広隆寺)

いさら井(太秦広隆寺)

今回の「京都案内」は、京都の太秦広隆寺にある「いさら井」を見に行きました。

天気の良い快晴だったので、広隆寺の写真が欲しいなと思って行ったところ駐車場で「広隆寺は写真撮影できません」と言われたので、かつては広隆寺の敷地だった場所に残っている「いさら井」だけを見に行くことにしました。

ちなみに広隆寺は拝観料700円です。

飛鳥時代603年建立の法隆寺ができた頃からあるらしい

飛鳥時代603年建立の法隆寺ができた頃からあるらしい

広隆寺の建立は飛鳥時代603年と京都最古のお寺ですが、井戸もその時代くらいからあったとされています。

場所は広隆寺の敷地のすぐ脇くらいで、今は住宅が並んでいる場所ですが、かつては広隆寺の敷地だった場所です。

井戸は「いさら井」と呼ばれ、日本語では「水の少ない井戸」という意味です。「いさら水」といえば「量のすくない水」という意味です。

しかし、日ユ同祖論では「いさら井=イスラエル」の意味だとされ、飛鳥時代にこの地にいた秦氏(はたうじ)がユダヤの末裔として日本に渡来してきたという説の根拠にもなっています。

京都府京都市右京区太秦西蜂岡町17


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。