日本唯一の三柱鳥居 @京都・太秦天神川「木嶋座天照御魂神社」

今回の京都案内は「日本唯一の三柱鳥居」がある京都・太秦天神川木嶋座天照御魂神社」に行ってきました。三柱鳥居(みはしらとりい)は日本でもここにしかない珍しい3本柱の鳥居です。

中国における景教(中国に伝来したネストリウス派キリスト教)の遺物ともされる謎の多い鳥居です。

広告

京都・太秦天神川「木嶋神社」


木嶋座天照御魂神社

木嶋座天照御魂神社

今回の「京都案内」は太秦天神川にある「木嶋座天照御魂神社」にある謎の「三柱鳥居」を見に行ってきました。

木嶋座天照御魂神社は「このしまにますあまてるみたまじんじゃ」と読み、通称「木嶋神社」と呼ばれています。

地元ではかなり信仰を集めている古社のひとつで、西暦701年の『続日本紀』に神社名が出てくるのと、このエリアに住んでいた秦氏と関係がある神社ともされています。

そして、ここには日本で唯一とされる3本の柱を持つという不思議な鳥居があるのです。

日本唯一の三柱鳥居


社殿の左にある木製鳥居の先に「三柱鳥居」があります

社殿の左にある木製鳥居の先に「三柱鳥居」があります

平日の昼頃でも、近隣の方々が絶えることなくお参りしていくほどの信仰を集めるのは、この神社が京都最古級の神社であることもありますが、大変神秘的な「日本唯一の三柱鳥居」があることも理由のひとつでしょう。

で、その三柱鳥居は社殿の左奥という少し分かりづらい場所にあります。

上の写真の木製鳥居の先に、その三柱鳥居がありました。

これが三柱鳥居です

これが三柱鳥居です

日本でもここにしかないという「三柱鳥居」です。

三柱鳥居は「みはしらとりい」と読み、神社の鳥居としては日本では唯一とされるものです。

普通の鳥居は2柱ですが、古代の鳥居はこういった3柱だったという説もあります(諸説あります)。

確かに柱が3本あります

確かに柱が3本あります

柱が3本ということは、これは鳥居も3基あるということです。

鳥居の中央には盛石があり、そこは神域になっていました。

そのため、三柱鳥居を近くで見ることはできません。

中央は神域になっています

中央は神域になっています

三柱鳥居は東京・向島にある「三囲神社(みめぐりじんじゃ)」にもあります。

しかし、三囲神社の三柱鳥居は京都の木嶋神社の鳥居を模したものだとされ、元々は三井家の邸宅にあったものとされています。

また、岐阜県郡上市大和町の山頂にもありますが、これは平成6年8月1日に美術品(オブジェ)として設置されたものです。

ということで、この京都「木嶋座天照御魂神社」にある三柱鳥居が日本で唯一のものであると言えます。

ネストリウス派キリスト教の遺物という伝説


鳥居の説明に「ネストル教の遺物では」という説が記載されています

鳥居の説明に「ネストル教の遺物では」という説が記載されています

この三柱鳥居ですが、太秦にあることから秦氏(はたうじ)との関係も言われています。

秦氏といえば渡来人ですが、その出自は定かではなく謎が多い一族です。

佐伯好郎という学者が提唱した「日ユ同祖論」ではイスラエルのユダヤの民が秦氏ルーツとされ、中国で景教(中国に伝来したネストリウス派キリスト教)を信仰していたユダヤ人が渡来したのではとされています。

ただし、これは相当マユツバな説で根拠はありません。

広告


古代日本、ユダヤ人渡来伝説

木嶋座天照御魂神社 基本情報


木嶋座天照御魂神社

木嶋座天照御魂神社

木嶋座天照御魂神社は『続日本紀』に名前が出てくるのが最古の記録で、西暦701年より前には何らかしら存在していたようです。

蚕ノ社」(かいこのやしろ)とも呼ばれるように、本殿すぐ東(右)に「東本殿(蚕ノ社)」も一緒に鎮座しています。

蚕といえば織物などの技術で、京都の発展に深く関与した渡来人「秦氏」が伝来させたものです。

そのため、秦氏創建の神社とされています。

京都府京都市右京区太秦森ケ東町50


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。