京都に修学旅行シーズンが到来!金閣寺前は中高生がランチで行列 2017年4月20日

4月20日から京都では修学旅行シーズンが到来しています。今日は朝9時頃から金閣寺前ではガイドを伴った中高生が多数歩いています。京都の修学旅行は桜が散った後と紅葉が終わった後の短い期間に集中的に行われる傾向があります。

そして、このシーズンは金閣寺前のランチは激戦区になってくるのです。

広告

京都は桜のシーズンが終わると修学旅行が始まります


4月20日から京都では修学旅行シーズンが到来

4月20日から京都では修学旅行シーズンが到来

2017年4月20日京都は観光客の傾向に変化がありました。

というのも、3月末~4月中旬までは桜の季節で混雑するのですが、桜も終わる4月後半は混雑回避を待っていた修学旅行が始まるからです。

期間は1週間~2週間弱と短いですが、これは桜の季節と紅葉の季節で共通に見られる傾向で集中的に修学旅行が行われています。

桜の季節あと(4月後半~GW前)
紅葉の季節あと(11月後半~12月初旬)

金閣寺前は中高生のランチ激戦区に


中高生のお財布事情を察したメニュー(お食事処 錦鶴)

中高生のお財布事情を察したメニュー(お食事処 錦鶴)

この時期になると「木辻通」(きぬかけの道)に並ぶ飲食店では、修学旅行生の来店を期待する飲食店も多いことでしょう。

食べ放題バイキングの「お食事処 錦鶴」さんでは、この時期を狙って3月下旬頃から「修学旅行生向けメニュー」を販売していたりもします。

最近では学校で修学旅行用のガイドブックがあるようで「錦鶴」さんが掲載されているそうです。

お好み焼き 大のじ タクシーやガイドの案内で混雑

お好み焼き 大のじ タクシーやガイドの案内で混雑

金閣寺前の「お好み焼き 大のじ」さんでは中高生の行列もできていました。

一般的には、最近の修学旅行はタクシーやガイドの案内が付くことが多いため、ガイドの方がオススメするお店が混雑する傾向にあります。

お好み焼きのような「その場で立ち食いできるもの」などは手軽なのかもしれません。

ラーメン 一(かず)さんや「おむらはうす」も行列

ラーメン 一(かず)さんや「おむらはうす」も行列

ラーメン 一(かず)」さんや「おむらはうす」も行列が出来ていました。

おむらはうす」さんはオムライス専門店でガイドブックにも掲載されているお店で若い子に人気があります。

どうやら、11時頃からランチを食べる傾向にあるようで、昼前には行列ができていました。

おむらはうす」さんみたいな11時オープンのお店は重宝するのかもしれませんし、「ラーメン 一(かず)」さんのようにラーメン店も若者ウケしやすい食べ物です。

麻婆家 金閣寺前ランチ


濃厚クリーミー担々麺(900円)

濃厚クリーミー担々麺(900円)

「おむらはうす」さんのすぐ手前にある、麻婆豆腐濃厚クリーミー担々麺のお店「麻婆家」さんもオススメです。

学生さんの好きなラーメン「濃厚クリーミー担々麺(900円)」は、濃厚でクリーミーと評判のお店です。

金閣寺の南、この看板が目印

金閣寺の南、この看板が目印

濃厚クリーミー担々麺は、地元のテレビ局でも取材された担々麺で、京都最強の濃度を誇ります。

学生さんなどの若い子に人気のメニューです。


朝6:45放送『おはよう朝日です』さんのレポーター大久保ともゆきさんが、京都・金閣寺エリアのラーメン新店を紹介してくれるという情報が入っています。放送は3月28日で「二代目 麺家 あくた川麻婆家等持院ラーメン円満や」の3店が紹介されます。


京都府京都市北区北区衣笠総門町9-1
営業時間:11:30~15時、17時~20時
定休日:不定休(大雨の日は休むことあり)
URL:http://ameblo.jp/ayuma1108/
Twiter:https://twitter.com/bt4Vpg6U6Mr2R9P
Facebook:https://m.facebook.com/mabotantan/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。