森本喜久男 @カンボジア「伝統の村のクメールシルク」が『情熱大陸』で紹介

カンボジアクメールシルクを生産・継承する「伝統の村」を作った京都の友禅職人が『情熱大陸』で紹介されます。クメールシルクは自然染料を使ったシルク(絹織物)で最高級品とも言われるものです。

カンボジア内戦で廃れかけていた「クメールシルク」は日本人・森本喜久男さんにより奇跡の復興を遂げるのですが、その雄姿が4月9日の『情熱大陸』で紹介されるとのことです。

これは見るしかありません。

広告

カンボジア「伝統の村」の京友禅職人が『情熱大陸』で紹介


カンボジア・アンコールワット近くに日本人が作った村がある?

カンボジア・アンコールワット近くに日本人が作った村がある?

4月9日放送『情熱大陸』で京都で友禅職人をしていた森本喜久男さんが紹介されます。

2003年にカンボジアの伝統工芸品「クメールシルク」を復興させるために、カンボジアのジャングルを開墾して芸術村を作られた方です。

その村とは、カンボジアのシエムリアップ市(アンコールワットの近く)にある「伝統の村」と呼ばれる村で、世界最高級とされる絹織物「クメールシルク」を生み出す村です。

クメールシルク

クメールシルクのできるまで。

ethical jewelry designerさん(@ramunecafetrunk)がシェアした投稿 –

クメールシルク」というのはカンボジアの伝統工芸品で、カンボジア内戦により技術が廃れかけていたものです。

森本喜久男さんは自ら行っていた京都の友禅染に限界を感じていた時に、その「クメールシルク」に魅了され、絹織物の原点を見たそうです。

1996年には「IKTT(クメール伝統織物研究所)」というNGOを創設し、技術が廃れかけていた「クメールシルク」の復興に人生をささげることになります。

そして、2003年にカンボジアの人々が「クメールシルク」を生産・継承できるように、カンボジアのシエムリアップ市に「伝統の村」を創設します。

カンボジア「伝統の森」はどこにある?

では、そのクメールシルクを生み出す村「伝統の村」はどこにあるのでしょうか?

調べたところ、カンボジアのシエムリアップ市郊外で、アンコールワットの北西の密林の中にそれは存在していました。

ここには訪問者の宿泊施設もあるということです。

URL:http://iktt.org/
Facebook

カンボジアに村をつくった日本人


カンボジアに村をつくった日本人

カンボジアに村をつくった日本人

シエムリアップ市にある「伝統の村」は「クメールシルク」を自然と共生しながら作り上げる理想の村として、一から開墾して作った村です。

その「伝統の村」には70人が生活しており、世界的にも注目され書物にもなっています。

森から得られた自然の染料を使い、蚕が生み出す絹から最高級品「クメールシルク」を生み出すことでも注目されていますが・・・・

人生の半生を異文化の外国の復興に捧げたことが最も評価されるべきことなのでしょう。

広告


カンボジアに村をつくった日本人: 世界から注目される自然環境再生プロジェクト


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。