御金神社 @京都 黄金に輝く鳥居で24時間営業の金運神社

京都には24時間黄金に輝く神社があります。深夜でも参拝でき、キンキラに輝く黄金の鳥居は夜の街を照らすネオンのように輝く神社です。その神社とは「御金神社(みかねじんじゃ)」という神社です。今回の「京都案内」はこの金運アップが期待できるという「御金神社」に実際に行ってきました。

いやもぉほんとビックリするくらいキンキラキンに輝いていました。

広告

京都には黄金に輝く24時間営業の金運神社がある


おかねじんじゃ?そうここは金運アップの神社なのです

おかねじんじゃ?そうここは金運アップの神社なのです

今回の「京都案内」は深夜もキンキラキンに輝く「黄金鳥居」がある神社に行ってきましたので紹介します。

この神社、実は「24時間営業」という珍しい神社で、深夜でも参拝することができるという便利なコンビニエンス神社なのです。

その神社とは・・・・

御金神社

という神社です。

黄金に輝く鳥居がある「御金神社」


黄金に輝く鳥居がある「御金神社」

黄金に輝く鳥居がある「御金神社」

御金神社は「おかねじんじゃ」ではなく「みかねじんじゃ」と読みます。

金運アップの神社として知られ、深夜でも多くの人々でにぎわっている神社なのです。

夜でもライトアップされた黄金の鳥居がものすごく目を引く神社で、なかなかこういう神社は他にはありません。

なんかもぉ輝きすぎて圧巻です

なんかもぉ輝きすぎて圧巻です

この御金神社は「金山毘古神(かなやまひこのかみ)」を祀っており、鉱山・鉱物の神様とされています。

いわゆる「金属の神」で、お金も金属ですから「金運アップ」の神様とされているのです。

夜の御金神社に参拝してきました


夜の御金神社に参拝していきましょう!

夜の御金神社に参拝していきましょう!

ということで、これは参拝しておくべき神社なわけで、我々もさっそく参拝していくことにしました。

社殿は1883年(明治16年)に建立されたもので、大きな神社ではないのですが氏子衆に大事にされているのが分かる神社です。

元々は民家の間にあった小さなお社だったそうです。

金運アップグッズがたくさん


金運アップグッズがたくさん

金運アップグッズがたくさん

さて、参拝が終わったら「金運アップグッズ」を物色してみるのも良いでしょう。

おみくじやお守りなどたくさん無人販売されています。

24時間営業というと変ですが、深夜でも金運アップグッズが買える(授与される)神社で、かなり多くの黄金グッズが並んでいました。

黄金のお札とかお店に飾っておくと目立って良さそうです

黄金のお札とかお店に飾っておくと目立って良さそうです

特に目を引いたのが「金幣神札」です。

これ、お店に置いておくと外国人観光客が喜びそうですよね。

お財布に入れるタイプのお守り(500円で授与)

お財布に入れるタイプのお守り(500円で授与)

お財布に入れるタイプのお守り(500円で授与)もありました。

他にも「大大吉の出るおみくじ」とか、なんかご利益MAX感な授与品がたくさんありましたよ。

御金神社(みかねじんじゃ)基本情報


御金神社(みかねじんじゃ)

御金神社(みかねじんじゃ)

ということで、この気になる「御金神社(みかねじんじゃ)」ですが、二条城からも近い場所にある神社です。

御池通の西洞院通を北に上がると左手に見えてきます。

車は一方通行なので北上できませんので、北から回り込んで行く必要があります。

駐車場はありませんが、コインパーキングなどはあります。

京都でも珍しい神社だし、金運アップの神様ということで参拝に行かれてみてはいかがですか。

京都府京都市中京区押西洞院町614


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。