スーパーカラオケ白梅町店 @京都「フードバー、コミック1万冊」3月16日新店オープン

京都の北野白梅町に「スーパーカラオケ白梅町店」がオープンしていました。2017年3月16日がオープン日で、聞いたことあるようなないような店名のお店ですが全国に3店舗あるようです。なお、このあたりでチェーン店っぽいカラオケってあまりないのでちょっと珍しい感じがします。

店頭には「フードバー、コミック1万冊」と書かれており、思わず立ち止まって見てしまいました。

広告

スーパーカラオケ白梅町店がオープンしていました


京都の北野白梅町をブラブラしていたら「フードバー、コミック1万冊」と書かれたお店がありました

京都の北野白梅町をブラブラしていたら「フードバー、コミック1万冊」と書かれたお店がありました

京都の北野白梅町に新しくお店がオープンしていました。

パッと見える場所に「フードバーコミック1万冊」と書かれていたのでネットカフェかと思って小躍りしかけたところ・・・・

スーパーカラオケ(スパカラ)北野白梅町店」と書かれています。

フードバーが気になる感じです

フードバーが気になる感じです

最近のカラオケ事情に疎いためか「フードバーコミック1万冊」が気になります。

ネットカフェ的な使い方もできる感じなのでしょうか?

スーパーカラオケ白梅町店 お値段は?


お値段は?

お値段は?

料金は最低単位「1時間 150円」で、1ドリンク制なので別途「ドリンク 280円~」か「ドリンクバー 480円~」か「アルコール飲み放題 1480円~」が必要というシステムになっていました。

他に、オプションもあって・・・・

+1ドリンク 280円~
+ドリンクバー 480円~
+フードバー 400円~
+アルコール飲み放題 1480円~

のように書かれています。

バーと飲み放題は滞在時間は飲み食べ放題ということでしょうか。このあたりがよく分からないのと、価格のところに「円~」と全部書かれており、値段の範囲表記がどういう意味なのかかなり不明瞭でした。

フリータイムとはなんぞや?

フリータイムとはなんぞや?

もうひとつ、うっかりさっぱり分からないのが「フリータイム」という表記です。

たぶん何時間でもOKということなんだと思いますが、カラオケはバブル期以来行ってないのでピンとは来ませんでした。

※公式サイトで調べたところ「円~」表記なのは「1ドリンク 280円~」だけなので印刷物の誤字のようです。

スーパーカラオケ白梅町店


スーパーカラオケ白梅町店

スーパーカラオケ白梅町店

さて「スーパーカラオケ白梅町店」ですが、フード食べ放題でドリンクバーもあって、あとは部屋料金を「フリータイム」にすれば、平日昼間なら1280円(税抜き)で10時間ほどカラオケができる施設というのが、その正体のようです。

お店の場所ですが、背広などのスーツ専門店「スーツ&スーツ(SUITS&SUITS)」があった場所で(その前はレストラン)、北野白梅町から北に歩いて3分くらいの所にあります。

スパカラ」という名前で、なんとなくどこにでもある有名なカラオケ店かと思ったのですが、今のところ全国で3店舗(京都・埼玉・奈良)しか存在していませんでした。

そこそこ広い駐車場がある建物なので便利かもしれませんね

そこそこ広い駐車場がある建物なので便利かもしれませんね

京都府京都市北区北野紅梅町46−1
営業時間:9時~朝5時
定休日:無休
URL:http://supakara.com/hakubaicho/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。