金閣寺前を通る京都市バスが廃止へ 理由は?

時期は未定ですが、京都金閣寺前を通る京都市バスが運行路を変更するようです。それに伴い、金閣寺前バス停は廃止となります。区間は短く、該当区間は「金閣寺道~金閣寺前~衣笠総門町」の区間です。

では、なぜこの区間をバスは通らなくなるのでしょうか?

広告

金閣寺前を通る京都市バスが廃止


金閣寺前を通る京都市バスが廃止されます

金閣寺前を通る京都市バスが廃止されます

京都の金閣寺前を走る京都市バス(12系統・59系統)が金閣寺前まで行かなくなるという情報を入手しました。

該当区間は「金閣寺道~金閣寺前~衣笠総門町」の区間です。(上図参照)

京都市バス(12系統・59系統)は金閣寺前を通る路線で、今回の話はその路線が「金閣寺前を通らなくなる」という話です。

金閣寺前の「きぬかけの路」が該当します

金閣寺前の「きぬかけの路」が該当します

12系統「祇園~金閣寺前~立命館大学前」(バス停一覧
59系統「三条京阪~金閣寺前~山越中町」(バス停一覧

地図でいえば、金閣寺前の「鏡石通が木辻通になって氷室道に至る区間」でバスが走らなくなることになります。

代わりに「西大路通~蘆山寺通(ろざんじどおり)」を通過することに


金閣寺へ向かう京都市バス12系統(左右の道は「氷室道」)

金閣寺へ向かう京都市バス12系統(左右の道は「氷室道」)

なお、今回該当する区間を東西に通る「氷室道」を走る京都市バス「M1系統」はそのままです。

今回は京都市バス(12系統・59系統)のみが該当するのですが、この路線は代わりに「西大路通~蘆山寺通(ろざんじどおり)」を通過することになります。(以下地図参照)

金閣寺前の京都市バス59系統

金閣寺前の京都市バス59系統

なぜ金閣寺前を京都市バスは通らなくなるのか?


今回の件で廃止されるバス停は「金閣寺前」

今回の件で廃止されるバス停は「金閣寺前」

今回の件で廃止されるバス停は「金閣寺前」のバス停ということになるのですが、なぜ金閣寺前を京都市バスは通らなくなるのでしょうか?

みなさん不思議だと思ったことはありませんか?

なぜ金閣寺では夜のライトアップをしないのか?」という疑問のことです。

金閣寺エリアが他の観光地よりも賑やかではないという地元の問題


金閣寺がライトアップされない理由とも関係がある?

金閣寺がライトアップされない理由とも関係がある?

京都では夜にライトアップしている観光地なんてたくさんあるのですが、なぜか金閣寺だけがライトアップをしたことがないのです。

おかしいと思いませんか?

金閣寺のライトアップは・・・・

めちゃくちゃキレイなはずなんです!

でも、金閣寺はライトアップしないのは、金閣寺側がしたくないからではないのです。

実は、この話は詳細には書けないのですが・・・・

このエリアでは一部で金閣寺・京都市に対して風当たりの強い勢力が存在しているのです。

金閣寺前を通る京都市バスが廃止 まとめ


京都市バスが金閣寺前を走らなくなります

京都市バスが金閣寺前を走らなくなります

京都市バスが金閣寺前を走らなくなるようです。

公式にはまだ発表されてない話のようですが「西大路通から金閣寺に向かう道」と「金閣寺前から立命館大学に向かう鏡石通~木辻通の区間」でバスの運行が廃止されます。

廃止の理由は面倒な話で、これは京都市と地元の話ですが、要するに金閣寺前が賑やかになると困る人々もいるということです。

しかし、金閣寺は京都でも有数の観光地です。

そして、観光事業で潤っている都市でもあるということは、地元の人間としてある程度は受け入れていかなければならない話でもあると思います。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。