あぶり餅 @京都・今宮神社のキャラメルのような濃厚甘味「あぶり餅」を実食レビュー

京都今宮神社で「あぶり餅」を食べてきました。ここは地元なので結構頻繁に食べに行っていますが詳細にレビューするのは初めてです。濃厚なキャラメルのような甘さが特徴的な和スイーツで、一度食べると忘れられない記憶に残る味になっています。

今回は今宮神社境内の「かざりや」さんでいただきました。

広告

今宮神社のキャラメルのような濃厚甘味「あぶり餅」を食べに行く


京都でも食べられる場所が限定される「あぶり餅」

京都でも食べられる場所が限定される「あぶり餅」

今回の「京都案内」は地元の今宮神社で「あぶり餅」を食べに行ってきました。

普段はこんな有名なものを扱った記事を書くことはあまりないのですが、私が一番好きな和スイーツということもあり紹介となりました。

あぶり餅というのは、竹串の先に小さいお餅をさして、きな粉をまぶして炭火でおこげを付けた焼き餅です。

焼き上げた餅は白みそのタレで食べます。

濃厚な甘さはまさにキャラメル級で、昔から地元で愛されているお菓子です。

「かざりや」と「一和」


和座敷で「あぶり餅」をいただきました

和座敷で「あぶり餅」をいただきました

京都だと「今宮神社」と「清凉寺」にあり、他は金沢に一軒だけお店があるという超レアなプレミアム和菓子とも言えます。

今回は一番有名であり発祥地でもある、日本最古の和菓子店も現存している「今宮神社」境内で食べてきました。

今宮神社境内には「かざりや」と「一和」というお店があります。

かざりや

かざりや 寛永14年(1637年)創業

一和

一和 長保2年(1000年)創業

かざりや 寛永14年(1637年)創業
一和(一文字屋和輔) 長保2年(1000年)創業

日本最古の和菓子店は「一和」さんで、平安時代に創業した1000年以上の歴史があるとされるお店です。

だいたいいつもは「一和」さんに行くのですが、今回は写真撮影もあるので「かざりや」さんの日当たりの良い和室に入れてもらいました。

キャラメルのような濃厚甘味「あぶり餅」実食レビュー


キャラメルのような濃厚な甘さが最高です

キャラメルのような濃厚な甘さが最高です

今回は「かざりや」さんでいただくことにしました。

どちらのお店も美味しく、座敷なども大差ないのでお好みで決めればよいと思います。

竹串の先についたお餅を白みその甘いタレでいただきます

竹串の先についたお餅を白みその甘いタレでいただきます

お値段は一人前500円です。これはどちらのお店でも同じ価格です。

お茶と10本ほどの「あぶり餅」をお座敷でいただけ、京都らしい雰囲気を味わえる場所でもあります。

白いタレは「白みそ」の甘いもので、これがかなり濃厚な甘さになっています。

かなり濃厚な甘さの白みそのタレでいただきます

かなり濃厚な甘さの白みそのタレでいただきます

甘味はガツンと来るほどのもので、洋菓子のような・・・・いや濃厚なキャラメルのような甘さがあります。

これをお茶で喉を潤しながら食べるのが美味しいのです。

老若男女に長い間親しまれている代表的な和菓子なので、京都旅行の際にはぜひ食べていただきたい京都グルメでもあります。

かざりや 基本情報


かざりや 基本情報

かざりや 基本情報

あぶり餅が食べられるのは京都「今宮神社」境内です。

コインパーキングがあるので自家用車でも行けますが、バスの場合は地下鉄烏丸線「北大路駅」から市バス(205系統)で金閣寺方面に向かい、大徳寺で下車して少し歩く必要があります。「大徳寺」も一緒に見られる観光コースになっています。

大徳寺を見て、今宮神社で「あぶり餅」のお茶タイムという感じがオススメです。

車なら今宮神社の東側にある参道手前に「Dパーキング今宮神社」があり、お店の会計時に60分無料券がもらえます。

京都府京都市北区紫野今宮町96
営業時間:10時~17時
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。