京わたがし @JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)が安井金比羅近くにオープン

最近になって京都で「京わたがし」という名前を聞くことがあります。ヒット商品になりそうな感じもするのですが、まだネットでもさほど話題になっていません。綿菓子ですが京風味付けで「抹茶桜餅黒蜜きな粉」の3種類あります。それで「京わたがし」と呼ばれるようです。

その「京わたがし」を食べることができるのが弁天町の安井金比羅近くにあるお店「JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)」さんです。

広告

京わたがし @JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)

京都で最近たまに名前を聞くのが「京わたがし」という食べ物です。

京わたがし」というジャンルはこれまでありませんでしたが、2016年8月オープンの和風わたがし店が最近になって徐々に話題となっています。

そのお店とは「JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)」さんという小さなお店です。

場所は祇園の八坂神社を南に下ったところで東大路通から「安井金比羅宮」に入る道のところにあります。

今朝、温泉担当を取材に行かせたのですが未だに帰ってこないので、とりあえず紹介します。(たぶん名前が長くて覚えられなかったと思われます)

JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)基本情報

和風わたがしとも呼ばれていますが、わたがしは和風なので「京わたがし」と呼びます。

この「京わたがし」を食べることができるのが「安井金比羅宮」近くに今年8月にオープンしたばかりの「JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー アンド ジェマイマ)」さんです。

・抹茶
・桜餅
・黒蜜きな粉

味は3種類「抹茶桜餅黒蜜きな粉」の3種類があります。

これは京都っぽい感じのする味付けですが、綿菓子としてはかなり珍しいですね。

気になるお値段はひとつ600円でした。

その場で食べる場合は棒についたものですが、持ち帰り用は袋に入れてくれます。

京都府京都市東山区東山区下弁天町51−4
営業時間:11時~16時(土日祝は17時まで)
定休日:水曜
URL:http://jeremyjemimah.com/

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。