菓子職人 @京都・西院 抹茶のショコラケーキが超濃厚でおいしい

Sponsored Link

京都の西院にあるケーキ店(菓子店)「菓子職人」(かししょくにん)に行ってきました。この菓子職人というお店には超濃厚な「抹茶のショコラケーキ 450円」があるのです。かなり濃い味の抹茶のクリームをふんだんに使ったケーキがかなりおいしいのでオススメです。

今回はこの濃厚抹茶ケーキを実食レビューします。

菓子職人という京都のケーキ屋さんをご存じですか?


菓子職人という京都のケーキ屋さんをご存じですか?

菓子職人という京都のケーキ屋さんをご存じですか?

今回の京都案内もケーキです。

秋になると食べたくなるのがケーキで、秋の味覚を使った旬なケーキがおいしいのですが、今回は「超濃厚な抹茶のショコラケーキ」を紹介します。

菓子職人 @京都・西院 抹茶のショコラケーキ

菓子職人 @京都・西院 抹茶のショコラケーキ

この抹茶のケーキが、想像以上に濃厚抹茶の独特な苦みの中に芳醇な香りとコッテリした甘みが同居するというケーキなのです。

お店の名前は「菓子職人」(かししょくにん)という西院にあるケーキ屋。

あんまり聞いたことがないかもしれませんが、松原通にあるケーキ屋さんで9/19のNHK『グレーテルのかまど』でも紹介されたお店なんです。

抹茶のショコラケーキが超濃厚


見るからに濃いだろと思うしかない濃厚ショコラケーキ 450円

見るからに濃いだろと思うしかない濃厚ショコラケーキ

放送では「映画“繕い裁つ人”のチーズケーキ」という副題でチーズケーキが紹介されました。

ですが、我々のオススメは抹茶の味と香りが濃厚に広がるショコラケーキです。

このケーキですが、見るからに濃厚な色合いで、濃厚な抹茶クリームとショコラが何層にも重なっています。

それも、食べた瞬間に「めっちゃ濃いやん!」と言ってしまうほどの濃厚さです。

抹茶の粉をそのまま口に入れたかのような苦みと、それと同時に香ってくる抹茶の芳醇な香りがやみつきになります。

何層にも重なる抹茶のクリーム

何層にも重なる抹茶のクリーム

抹茶チョコのコーティングの中には、何層にも重なったそれぞれが異なる色合いと濃さの抹茶クリームでできています。

ケーキの上には2枚の種類が異なる抹茶チョコレートものっており、まさに抹茶づくしといえるでしょう。

ちなみに、ショコラケーキなのでかなり甘いです。

コーヒーと一緒に食べるのがオススメですよ。

モンブランもあるよ


モンブランも450円で各種ありました

モンブランも450円で各種ありました

こちらのお店は「菓子職人」というとおり、クッキーやマカロンにトリュフなど多彩なお菓子を扱っているお店です。

もうひとつ「丹波栗のモンブラン 450円」も一緒に購入しました。

ラム漬けの栗がはいっています

ラム漬けの栗がはいっています

中にはラム漬けした丹波栗が入っており、ラムの香りがかなりするモンブランに仕上がっていました。

他にも「抹茶のモンブラン」や「かぼちゃのモンブラン」などもあります。

また「濃厚レアチーズ 420円」も人気だそうです。

菓子職人 基本情報

今回紹介した濃厚な抹茶ショコラケーキが食べられるのが京都・西院(さい)にある「菓子職人」さんという菓子店です。

京都の「松原通」沿いにあるお店ですが、このあたりまでくると道はだいぶ狭い道で一方通行になっています。

駐車場は4台分ほどあるので自家用車でも行くことができます。

松原通は国道9号と西院駅の間にある通りで、「西大路通」からセブンイレブンのある細い道を入るとお店があります。

京都府京都市右京区西院西高田町19
営業時間:9時~18時
定休日:不定休
URL:http://www.kashishokunin.co.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。