大阪府が宿泊税を導入!2017年1月から1万円以上で100円課税

Sponsored Link

大阪府が万博誘致や東京五輪の特需を見越して「宿泊税」を導入します。2017年からのホテル・旅館の素泊まり宿泊料1万円以上で100円が「宿泊税」として課税されます。

京都でも紅葉の時期は無料駐車場が有料になるようなものです。

大阪府が宿泊税を導入


商人の町「大阪」が宿泊税を導入!

商人の町「大阪」が宿泊税を導入!

平成29年1月1日より大阪で法定外目的税として「宿泊税」が導入されると大阪府の公式サイトで告知されています。

税金を納めるのは大阪府内のホテルと旅館で、課税分は宿泊者の宿泊料に上乗せされます。

宿泊税は1名1泊で1万円以上からとなっており、以下の税率が適用されることになります。

1万円未満 無課税
1万円以上~15000円未満 100円
15000円以上~2万円未満 200円
2万円以上 300円

上限は300円、リッツカールトン大阪に宿泊する小金持ちでも300円だけ

上限は300円、リッツカールトン大阪に宿泊する小金持ちでも300円だけ

ホテルであれば夕食付きであれば1泊1万円を超えるところがほとんどですが、今回の課税は「素泊まりの料金」に課税されますので食事付きであれば素泊まり分がいくらかということになります。

素泊まりであれば1万円以上は高級ホテルとなるので、ビジネスホテルなどで課税されることはなさそすです。

なお、民宿やペンションは非課税ですが事業登録で旅館営業許可を受けている場合は課税対象になります。

ただし、こういった消費税のような税金の場合は事業者が納税するかしないかに関わらず税金として徴収するはずです。

宿泊税充当事業について


徴収した税金は観光事業のために使われます

徴収した税金は観光事業のために使われます

では今回の宿泊税は何に利用されるのでしょうか?

大阪府の説明では「宿泊税充当事業」なるものが存在しています。

URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/toshimiryoku/syukuhakuzei/

それによると「旅行者向けの情報事業」と「環境整備」となっており、他にも観光促進に関わる事業に使われると説明されています。

大阪府では2013年頃に大阪観光を促進する事業が開始されており、人員を募集していたのですが、そういった事業に充てられるようです。

大阪おもてなしステーション 5193万円
多言語化緊急対応整備補助金 2500万円
外国人旅行者安全確保事業 140万円
大阪おもてなし環境向上のための水準調査事業 500万円
国内外からの誘客促進事業 3000万円
水都大阪観光資源整備事業 2000万円
古市古墳群来訪者受入環境整備事業 37万円

宿泊サイトの予約では宿泊税はどうなる?


大阪の宿泊税は現地徴収になる模様

大阪の宿泊税は現地徴収になる模様

楽天トラベルでも大阪府のホテル・旅館に宿泊する場合に宿泊税が課税されるとあります。

それによると「現地で徴収される場合がある」ということになっており、トラベルサイトでは徴収しないようになるようです。

大阪に宿泊する機会は仕事くらいで、1万円未満のビジネスホテルの経験しかないので、我々には関係なさそうです。

URL:http://travel.rakuten.co.jp/stop/mente20161027.html


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。