NYで人気の「たい焼きアイス」が京都にあった!?伏見稲荷大社の「たい焼きパフェ」

Sponsored Link

NYで人気の「たい焼きアイス」が京都の伏見稲荷大社にあるという噂があります。伏見稲荷大社のは「たい焼きパフェ」というらしいのですが、フード担当は数年前に見たことがあると言います。では、それは今でもあるのか?実際に伏見稲荷大社まで行って確認してきました。

今回の京都案内は「伏見稲荷のたい焼きパフェ」です!

NYで人気の「たい焼きアイス」が京都にあった?


9/23付けのライブドアニュースで記事になっていた「たい焼きアイス」というのがあるのですが、ニューヨークにお店がオープンして数日で大人気となっていると報じられています。

しかし、これを見たフード担当が衝撃的な一言を発したのです!

フード担当 「これって京都にもありましたよ・・・・

な、ななななな・・・・なんですってぇぇぇぇ!!!

伏見稲荷大社の「たい焼きパフェ」


伏見稲荷大社 (2016年9月2日撮影)

伏見稲荷大社 (2016年9月25日撮影)

実は、このNYで人気の「たい焼きアイス」ですが、京都の伏見稲荷大社にもまったく同じ物があったというのです。

ただし、フード担当が言うにはもうだいぶ前のことだということで、入れ替わりの激しいテキ屋の屋台ということを考えると「もうないはずだ」というのです。

まぁ、もう秋だしアイスでもないだろという季節でもあるのですが、あいにく9/25は猛暑(笑)の日曜日ということで、わずかな期待を持ちつつ伏見稲荷大社まで行ってきたわけであります。

JR奈良線 「稲荷駅」

JR奈良線 「稲荷駅」

今回は電車で行ってきました。

バイクでも自動車でも伏見稲荷大社は駐車料金が無料なのですが、前の道「師団通」は超混む上に一方通行(二輪車は除く)なので、日曜ということもあって電車にしました。

参道にある屋台にあったらしい

参道にある屋台にあったらしい

行ったのは編集と温泉担当ですが、温泉担当は外人が見たいという理由でついてきました。

フード担当は用事があって来れませんでしたが、参道の屋台で見たことがあるそうです。

季節はもう秋・・・・ステーキ串とか焼きそばとかしかありません

季節はもう秋・・・・ステーキ串とか焼きそばとかしかありません

しかし、季節はもう・・・・

あるのは「カニの串」とか「焼きそば」などの温かいものばかりした。

かろうじて冷たいものは「冷やしフルーツ」があるくらいです。

駅周辺にもなし、そもそもたい焼きを売っていないという新事実

駅周辺にもなし、そもそもたい焼きを売っていないという新事実

駅周辺も同じ場所を3回ずつ見て回ったのですが、そもそも「たい焼き」が売っていません(笑)

残念ながら、2016年には「たい焼きアイス」は京都には存在していないようです。

たい焼きパフェの証拠があった

しかし、なんとか証拠がないものかと探していたところ、ストリートビューにその痕跡が残っていたのです!

Twitterなどでも2013年頃には存在していたことが確認できます。

現在では札幌の「十勝鯛あん亭」というところで販売しているようで、関東では「鯛パフェ」さんというお店が「横浜ワールドポーターズ」と「海浜幕張」に出店しています。

(1)十勝鯛あん亭 札幌
(2)鯛パフェ 横浜ワールドポーターズ
(3)鯛パフェ 海浜幕張

たい焼きパフェの証拠があった

たい焼きパフェの証拠があった

ということで、2016年9月時点では、たい焼きアイス(たい焼きパフェ)は京都には存在していないようです。

残念ですが、これといって食べたいとも思わないのが心の救いでしたとさ!

京都府京都市伏見区深草藪之内町68
URL:http://inari.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。