京都・下鴨神社のイベント 8/17「糺の森の光の祭典」メイン会場が不評

Sponsored Link

8/17の夜(さきほど)、京都の下鴨神社では夏のライトアップイベントで「糺の森の光の祭典」が始まりました。初日の今日はトークショーなどのイベントもあり、俳優の市原隼人さん、佐々木希さん、山下健二郎さんらがゲストでトークショーをしました。実際に見た人々はライトアップのキレイさに喜んでいるみたいですが、ちょこまかと酷評・不評も聞こえてきます。話では「運営グダグダ」的な話も出ておりブーイングも出たとか・・・・

いったい何が起こったのでしょうか?

下鴨神社「糺の森の光の祭典」が荒れる

8/17夜に京都の下鴨神社「糺の森の光の祭り」というライトアップイベントがあり、俳優の市原隼人さん、佐々木希さん、山下健二郎さんらがゲストでトークショーをしたようです。(Amazonオリジナルドラマ『福家堂本舗–KYOTO LOVE STORY–』のキャストです)

ライトアップイベントは「糺の森」の森で行われており、入場者のTweetなどでもそのキレイなライトアップが話題になっています。

プロジェクションマッピングみたいに、色が切り替わるライトアップということで、ずいぶんと反響も良かったようなのですが・・・・

ただ、ちょっともめたようなのです。

悪評の数々


8/17の下鴨神社の「糺の森の光の祭り」はライトアップがキレイだったという話も多いのですが、その裏では酷評も結構流れています。

「糺の森の光の祭典」でなにがあったの?

要するに、8/17夜に京都・下鴨神社でライトアップイベント「糺の森の光の祭典」があったわけです。

ライトアップは境内なので結構見られるのですが、問題はメイン会場でした。

そのメイン会場では、チームラボという集団による「チームラボボール」というオブジェもあって、俳優の市原隼人さん、佐々木希さん、山下健二郎さんらがゲストでトークショーをすることになっていました。

当然、人気があるわけで明るいうちから長蛇の列ができていたのですが、200名程度しか入れなくて、メインイベントは招待客や早めに並んだ観覧客くらいしか入れなかったのです。

つまり、それ以上の観覧希望者が並んだのに、運営が上手に対応をしなかったので・・・・

荒れた

という話なのです。

メイン会場の入場に長蛇の列

で、そのメイン会場に入場する行列が、ドン引きするほどの大行列だったらしく、現地では「入れない」やら「入れる」やらの憶測が飛び交う始末だったという話です。

証言では、警備をしていた警官からは「今日は入れない」と言われたとか、運営からは「入れる」と言われたとか言われていますが、結局はメイン会場は200名程度しか入れないという話だったみたいで、最終的には入れ替え制で対応して、並んでいた方は入れたそうです。

ただ、メインイベントに入れたのは、招待客などだけとのことです。

3時間並んで入れた模様


ただ、結局は噂に流されずに並んで我慢していた方々は、21時の入れ替えでメイン会場のボールオブジェなどを見られたそうです。

8/16の大文字(だいもんじ)も、結局は雨で見るどころではなかったのですが(大文字は雨でも強行開催なので行われます)、8/17も「下鴨神社」でグダグダイベントがあったという話です。

なお、我々はそんな混むイベントには取材には行かないので、家でテレビを見て、ゲームしたりしていました。

結構、有意義でしたよ(笑)


岡田准一さん(V6)が8/22昼頃から京都の下鴨神社映画『関ヶ原』撮影ロケをしていると地元で話題になっています。実際に岡田准一さんは確認できていないのですが侍や馬に、槍を持った雑兵役の役者さんが目撃されています。場所は「糺ノ森」のあたりですが、今は夜にライトアップがあるなど混雑するので昼間の撮影ロケのようです。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。