京都一番おいしいコーヒー!出町輸入食品 ゴールドマウンテン

Sponsored Link

京都にはおしゃれな喫茶店がたくさんあります。また、パンの消費量が全国1位であることから、コーヒーは身近な飲み物です。そんな中、京都の人が美味しいというコーヒー豆のお店があります。「出町輸入食品」さんの「ゴールドマウンテン」です。京都の人が美味しいという京都一番人気のコーヒーです。

では、どこにあるのでしょうか?

この記事は、2014年6月21日に書かれた記事の再編集版です。

京都の人が美味しいという京都一番人気のコーヒーはどこ?


京都でおすすめできるコーヒー豆は「ゴールドマウンテン」

京都でおすすめできるコーヒー豆は「ゴールドマウンテン」

今回は、京都の人が美味しいというコーヒー豆のお店を紹介します。

それは「出町輸入食品」さんの「ゴールドマウンテン」です。

京都の人が美味しいという京都一番人気のコーヒー豆で、コーヒーにものすごいうるさい温泉担当が御用達にして何年も通っているお店です。

圧倒的なおいしさ「ゴールドマウテン」

圧倒的なおいしさ「ゴールドマウテン」

・なんといっても「コクのある」コーヒー
・苦みはほとんどありません
・酸味と香りが抜群
・ブルーマウンテンを使用

気になるお値段は「100g 630円」です。

お得な買い方


200g買うと、100g追加してくれます

200g買うと、100g追加してくれます

この「ゴールドマウンテン」ですが、200g買うと100g追加してくれます

なので、200g買った方が断然お得です。

保存は、冷凍庫で保存することができますので問題ありません。

公式サイトには、オンラインショップもあります。

出町輸入食品 基本情報

出町輸入食品の「ゴールドマウンテン」は、京都のスーパーなど別のお店では一切入手できません。あと、喫茶店ではありませんので、店内では試飲しかできません。

京都のスーパーでは「小川珈琲」さんのコーヒーが必ずあるので、それを飲む方は多いと思いますが、ぜひ出町輸入食品まで出向いて、一度でいいから「ゴールドマウンテン」を購入されることを強くオススメします。

濃厚なコーヒーの香りに鮮やかな酸味が抜群の調和を魅せるコーヒーで、一度買ったら他のコーヒー豆は買えません。

場所はちょっと行きづらいのですが、最寄り駅は「出町柳駅」になります。そこから、京都御所方面に行って「河原町今出川」の角と南に行ったところに2店舗あります。

京都府京都市上京区大宮町317-3
営業時間:9時~18時
定休日:年始6日間
URL:http://demachi.com/

京都府京都市上京区栄町
営業時間:9時~18時
定休日:年始6日間
URL:http://demachi.com/

ロータス カラメルビスケット 最良のコーヒーのお供


ロータスのクッキー

ロータスのクッキー

もし「ロータスのクッキー」をご存じであるなら、コーヒー通か味のわかる方でしょう。

コーヒーのお供として世界中で愛されている「ロータス カラメルビスケット」も一緒に買うと良いでしょう。

レシピは秘密の秘伝の味

レシピは秘密の秘伝の味

「ロータス カラメルビスケット」は輸入食品を扱っているお店で購入できます。

京都だと全国チェーンの「酒のやまや」さんで「ロータス カラメルビスケット 156g 300円」が販売されています。

花園・千本丸太町・梅津・烏丸御池などにお店がありますよ。

Sponsored Link


ロータス カラメルビスケット 50枚入×6パック

京都府京都市右京区花園木辻南町
営業時間:10時~21時
定休日:無休
URL:https://www.yamaya.jp/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。